考察

今日の考察/帰国4人に症状、6歳くらいの女児も TBS NEWS

TBSの治療には課題がないわけではありません。 TBSの人の中には、てんかんおよび/または全身性強直間代発作と呼ばれる重度のてんかんを発症する人もいます。発作はしばしば暴力的であり、その人は話すことができず、動けなくなります。

ビデオは8で開始されますキャンセル

毎日更新を受信ボックスに直接取得購読購読していただきありがとうございますプライバシーに関するお知らせをご覧ください購読できませんでした。後で再試行してください無効なメール

幼児の息子のために輸血を拒否した母は、彼女が子供たちに選択肢を与えることを固く信じていると言います。

エアドリー出身のローリー・ホッグは、5歳のときに癌が全身に広がった急性白血病と診断されました。

腫瘍学の訪問中に、彼女は化学療法を受けるか、輸血を受けることができると言われました。

母は以前、娘が生まれたときに輸血を受けることに反対していたので、彼女は強制されたくないと言いました。

しかし、彼女が息子の癌手術のために救急車に乗り込んでいたとき、彼女は心変わりをしました。

彼女は言った:「私は自分の決断を下したと感じ、彼らは私にそれを強制することはできなかった。

今日の考察/一晩7万4000円 総務官僚はなぜ菅首相長男の接待に応じたのか | 毎日新聞このような大きな損失を被った中で、どのようにして事業を続けられたのか、その理由を教えていただけるとありがたいです。 私からのお願いは、...

「私は輸血に反対ではありませんが、そもそも輸血が提供されるべきではありませんでした。

「輸血を選択することは私にとって非常に重要であり、個人が自分で選択する力を強く信じています。

「その時点で後悔はありませんでした。私は常にNHSの情熱的な支持者でした。」

現在息子が7歳であるローリーは、化学療法による治療を2回受けており、その後、職場から復帰するために医師から許可を得ています。

彼女は次のように述べました。「仕事に戻ってとてもうれしいです。この経験が私をより良い母にしたと思いたいです。

「将来、息子をがん治療に連れて行く決心を固く感じています。

「私たちの面倒を見てくれて、できる限りのケアをしてくれたNHSにとても感謝しています。」

米海軍は、行方不明になったマレーシア航空のジェット機の捜索を支援するために、廃止された船舶に新しい命を吹き込んでいると、米国沿岸警備隊は木曜日に述べた。

沿岸警備隊のカッターフグロは、オーストラリア航空のオーシャンシールドに向かい、マレーシア航空370便が行方不明になった地域を捜索する手助けをしています。

※この考察はフィクションであり、実在する、人物・地名・団体とは一切関係ありません。

この考察の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい

今日はこのテーマで考えてみようと思います。

帰国4人に症状、6歳くらいの女児も TBS NEWS
news.tbs.co.jp


Photo by sanelinews

今日の考察/緊急事態宣言 関西・中部5府県の月内解除を26日決定へ | 毎日新聞関西電力は、高さ約1,000メートル、容量4,000メガワット(MW)の巨大な水車2基を含む国内初の洋上風力発電所の建設を進めています。...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です