考察

今日の考察/入港拒否で行き場失うクルーズ船「ウエステルダム」 政府対応焦点に – 産経ニュース

日本最大の日刊紙である産経新聞は、日本政府が南ドイツのウスターダム港に「近代的なクルーズ船ターミナル」を建設することに同意したと報じた。

この発表は、米国政府が日米間でクルーズ船とマリーナを運航する要求の承認を拒否した1週間後に行われます。

日本語で出版する産経新聞は、このプロジェクトには10​​億ドル近くの費用がかかり、日本とドイツの銀行が資金を提供すると述べた。

報告書は、ドイツの港湾当局であるBDIが、船を限られた期間だけ港に停泊させることに同意したと付け加えた。

報告書によれば、Uesterdamターミナルは、日米間を航行するクルーズ船が停車することなく、数時間にわたって港を通過できるようになるという。

港湾当局は、クルーズ船ターミナルを開発するために、日本政府と1年間議論を重ねてきたと報告書は述べています。

2011年11月、ドイツ政府は、ドイツの会社Star CruisesによるUesterdamのクルーズ船ターミナルの運営申請を許可しませんでした。

米国政府は、米国を拠点とするスタークルーズによるカナベラル港のクルーズ船ターミナルの運営申請の承認も拒否しました。

今日の考察/東北新社の違反疑惑「決裁は山田氏」の答弁にどよめく:朝日新聞デジタル東方新社の違反疑惑「決定は山田氏がした」 雷鳴のような反応:朝日新聞デジトレ 東方新社の違反疑惑「決定は山田氏がした」 雷鳴のような反...

日刊紙による報告書は、ドイツ当局が米国に拠点を置くカーニバルクルーズラインによるウスターダムのクルーズ船ターミナルの運営要求を拒否した翌日に届きます。

また、2011年の裁判所の判決により、カーニバルクルーズラインによるクルーズ船ターミナルの数か月にわたる運営要求が拒否されたためです。

米国に拠点を置くカーニバルクルーズラインは、その決定を覆そうとするドイツの裁判所でドイツの港湾当局に対する訴訟を起こしました。

英語で最も有名な行の1つは、「1冊の本を知っている人は同じ本から2冊を読むことです」です。多くの場合、聖書の人間の知識に適用され、人間は聖書を理解する意図を持って聖書を読むべきではないという考えを支持して引用されることがよくあります。

この引数に問題があります。もし1冊の本が同じ本から2冊を読むことを知っているなら、その事実は彼が面白いと思う他の本を読むことを妨げません。同じ本から複数の本を読むかどうかを知る唯一の方法は、同じ本から数冊の本を読むことです

※この考察はフィクションであり、実在する、人物・地名・団体とは一切関係ありません。

この考察の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい

今日はこのテーマで考えてみようと思います。

入港拒否で行き場失うクルーズ船「ウエステルダム」 政府対応焦点に – 産経ニュース
www.sankei.com


Photo by jeans_Photos

今日の考察/高齢者用ワクチン供給6月末完了見込み 4月5日の週、岐阜市皮切り | 岐阜新聞Web2017年04月01日 岐阜県で今週末から始まる全国的な予防接種キャンペーンの一環として、日本の高齢者が無料でワクチンを接種することに...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です