考察

今日の考察/横浜市で水道管が破裂か 道路に流れ込んだ水で渋滞も発生(AbemaTIMES) – Yahoo!ニュース

神奈川県横浜で事件が起こった(AFP Photo / M池裕子)

次の記事は、オーストリアのウィーン大学のJörgGrosch博士が書いたゲスト投稿です。

過去2年間で、女性科学者の数は世界中で増加しています。しかし、完全な教授であるのはそのうちのごく一部(約4.1%)だけです。彼らの少数は終身職に就き、彼らの平均給与は男性の同僚よりも低い。

しかし、テニュアを取得する機会がある女性研究者の数も増加しています。オーストリアのウィーン大学には11,000人の教授しかいないことを考えると、これは驚くべき結果です。これがより多くの女性が任命されて完全な教授に昇格した結果であるかどうかを判断するために、同じ分野の同じ機関での最初の在職期間を使用して、同じ分野の女性の給与と男性の完全教授の給与を比較しました日付。

彼らが発行した論文の数の違いを説明するために、私たちはサンプルを、在任期間の終わりまでに非常に多くの論文を発行した人々に制限しました。結果は、男性の給与と比較して女性の給与が明らかに増加していることを示しています。

この結果は、これが在職する女性の数にとって明確で予測可能な結果であることを意味しています。しかし、それは将来を予測することが不可能であることも意味します。このギャップの多くがすぐに解消されることを考えると、この結果に驚かないでください。実際、過去3年間に在職する女性の数を見ると、同様の傾向が見られます。

また、女性は男性の同僚よりも在職する可能性が高くなります。これは、女性が昇進し、自分の研究グループを開始する可能性が高いことを意味します。これは、通常「女性の仕事」と見なされる2つの分野にも当てはまります。

今日の考察/新型コロナ分科会「今後3週間で集中して対策を」 街では「やむを得ない」との声も午後5時:町内の警察署に数名の反汚職・反腐敗運動家が連行されているとの報告がある。 5時30分:反対派が町長に会うために町役場に向かっ...

結論

なぜリーダーシップの地位にある女性がまだ少ないのですか? 「女性の仕事」であるはずのトップの職業に女性がそれほど少ないのはなぜですか?私たちは本当に女性を二流市民の地位に減らすことができるのでしょうか?

確固たる結論を導き出すことはできませんが、女性がトップの地位にいることは、社会にとって良いことではないというよりもありそうだと言えます。仕事で成功している女性は、このアイデアに対してよりオープンになりそうです。

※この考察はフィクションであり、実在する、人物・地名・団体とは一切関係ありません。

この考察の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい

今日はこのテーマで考えてみようと思います。

横浜市で水道管が破裂か 道路に流れ込んだ水で渋滞も発生(AbemaTIMES) – Yahoo!ニュース
headlines.yahoo.co.jp


Photo by Iñaki MT

今日の考察/新型コロナ分科会「今後3週間で集中して対策を」 街では「やむを得ない」との声も午後5時:町内の警察署に数名の反汚職・反腐敗運動家が連行されているとの報告がある。 5時30分:反対派が町長に会うために町役場に向かっ...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です