考察

今日の考察/女児の肘がアクセルレバーに接触、スノーモービルが小学生らの列に突入 : 国内 : ニュース : 読売新聞オンライン

1988年の夏に生まれた松本の娘は、柔らかい顔と広い目をしています。彼女は繊細で小さな体をしており、長くて細い足で、歩いているときに交差し続けます。彼女の足は短く、細長く、母親がスノーモービルに乗って欲しいと彼女にしばしば「いいえ」と言わせるものです。自宅では、彼女はめったに靴を履かない。彼女は非常にthinせており、ジャケットを着るには薄すぎて太くなりません。彼女が食べ過ぎると、体重が増えます。彼女は自分がやっていることを恐れている子供のように、まるで恥ずかしがるのを恐れているかのように、彼女自身の世話をします。鏡の前にいるとき、彼女は唇に指を当てて太った頬を隠そうとします。 8歳の母親は喫煙者でしたが、1988年の夏には週に1、2回だけ喫煙する習慣を取りました。それから、母の日の数日前、彼女は病院の救急室に行っていました。そこの医師は、彼女が彼女の右肺に腫瘤を持っていることを発見し、手術しなければなりませんでした。しかし、彼女はその夜家に帰ることができました。彼女は呼吸するためにマスクを着用する必要がありました。彼女が病院に行ったのは初めてでした。母親ががんを患っていると言われたとき、彼女は心配して彼女を見て、「はい、がんになりました。約1ヶ月後に手術を受け、その後元気になります」と言いました。彼女は娘に元気だと言っていました。 「私は自分自身を確信している」と彼女は言った。しかし、松本は簡単に泣くような女性ではありませんでした。手術後、彼女は病院に行き、そこで緊急病棟で長い時間を過ごしました。彼女はとてもthinせていました。彼女は日中、毎晩医師に電話するように言われました。医師が彼女の病気について話したとき、彼女は自分に質問をして答えた:「どれくらい?」 「もう少し長く」 5回目か6回目になってから、彼女は「はい、わかっています。そこに着いています」と言いました。彼女は家に連れて行かれ、そこで2か月間過ごしました。彼女は非常に弱かった。医師は、彼女はしばらく気分が良くないと言った。しかし、彼女は病気になりませんでした。彼女は毎晩病院に行き、病棟を出たとき、母親はその日は気分が良くなかったことを伝えました。

※この考察はフィクションであり、実在する、人物・地名・団体とは一切関係ありません。

この考察の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい

今日はこのテーマで考えてみようと思います。

女児の肘がアクセルレバーに接触、スノーモービルが小学生らの列に突入 : 国内 : ニュース : 読売新聞オンライン
www.yomiuri.co.jp


Photo by Nick Moulds

今日の考察/石破氏動かした幹部の一言 2日徹夜して決断「これが俺の生き様」 - 毎日新聞故郷に帰りたくないと言う日本人がいるのも納得ですね。 石破浩は一人で生きることを選んだ男だ。 彼には家族はなく、妻子もなく、一人暮ら...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です