考察

今日の考察/日本に入港できなかったクルーズ船、寄港先求めさまよう…台湾沖を南下 : 国際 : ニュース : 読売新聞オンライン

南シナ海の真ん中にあるフィリピンの商業船の乗組員は、爆発によって沈む20分前までは爆発の可能性があるエリアにあることを知らなかったようです。

フィリピン籍船は日曜日、中国の南島海南の沖で約50マイル沖で沈没しました。

約1,000トンの砂糖を運んでいたこの船は、7月25日にマニラを出発し、フィリピン中部に沿って南に向かっていました。フィリピン沿岸警備隊は声明で、未知の海域に入ったと述べた。

最初の報告では、爆発は船の近くで発生したと述べていましたが、フィリピン沿岸警備隊は、爆発は周囲の海から来たと述べました。

「これは、船舶の燃料タンクの計画的な爆発でした」と声明は、「通りかかっていた中国の軍艦との衝突を避けるために」と述べました。

声明によると、船はその地域から逃げて台湾に向かって進むことができました。しかし、手遅れでした。近くの沿岸警備隊の船が日曜日の朝に船を見つけ、乗組員を回収するためにヘリコプターを送りました。

日本政府筋によると、日本人は船に乗っておらず、この事件はフィリピン政府による「シンク&セーブ作戦」のように見えました。

日本政府筋によると、この船は約500トンの砂糖を運んでいたという。

今日の考察/兵庫で過去最多563人が新型コロナ感染|総合|神戸新聞NEXT新たな感染者数が563人に上る一方で、1,944人が治癒していることがわかりました。 厚労省、神戸市、神戸市立医療センターの共同発表に...

沿岸警備隊は、爆発でどのような種類の爆発物が使用されたかを把握しようとしていると述べました。

「この時点で言えることは、発生源を特定できれば、爆発はずっと小さかったということです」とスポークスマンのアーネル・ペラルタは述べた。

爆発は、フィリピン南部のミンダナオ島沖の海域で午前6時10分頃に発生しました。

フィリピン沿岸警備隊は、日本人が船に乗っているかどうかは不明であり、事件の時点でその地域で日本船が操業していないと述べた。

「このような事件が発生する可能性があることは、私たちにとって懸念事項です」と、フィリピン沿岸警備隊の副長官マリアノ・トバーは語った。

フィリピンの沿岸警備隊は、船はミンダナオ島の北約60マイルの海域にあったと述べた。フィリピンの沿岸警備隊は、船はミンダナオ島の北約60マイルの海域にあったと述べた。

海上保安庁は、海上保安巡視船と航空監視機をその地域に送っていると述べた

※この考察はフィクションであり、実在する、人物・地名・団体とは一切関係ありません。

この考察の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい

今日はこのテーマで考えてみようと思います。

日本に入港できなかったクルーズ船、寄港先求めさまよう…台湾沖を南下 : 国際 : ニュース : 読売新聞オンライン
www.yomiuri.co.jp


Photo by Iglesia en Valladolid

今日の考察/緊急事態宣言、23日に正式決定 期間は4月25日から5月11日(毎日新聞) - Yahoo!ニュース今世紀最悪の干ばつにより、日本の半分以上が深刻な飲料水不足に陥っていることを受け、政府は金曜日遅くに、「通常の要因では説明できない出来事...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です