考察

今日の考察/クルーズ船の約100人、発熱など体調不良訴え  – 産経ニュース

土曜日に日本を離れたクルーズ船は、一週間港にいました。

乗組員は乗客に食べ物を提供するように言われたと伝えられており、船の主人は船は1日に1つか2つの食事しか処理できないと言った。

クルーズジャパンが運営するこの船は、水の供給が不十分であり、新しい水源が近づいていると言いました。

船は9月8日に日本に戻る予定です。

欧州連合(EU)は、すべての加盟国で大麻の販売を許可した最初の国際組織になり、今週歴史を作りました。これは驚くべき発展であり、非常に誇りに思うべきものです。

EUは、薬物との戦争を終わらせるための最初の実際的な措置を講じました。これは、恐怖と誤った情報に基づく暴力的で悲惨な政策の焦点でした。

大麻を合法化した最初のEU加盟国が歴史上、ある種の革命を経験したことは偶然ではありません。アイルランドは1993年に憲法を変更し、アルコールの販売を許可しました。 1998年、英国は医療用マリファナを合法化しました。同様の法律を可決した国の多くが最終的に自分の立場を逆転したことは驚くことではありません。

今週のEUによる画期的な動きは、共通の原因について国際的な合意に達したときに何が起こるかを示しています。 EUはまた、統一されたアプローチが障壁を克服し、真の変化をもたらすことができることを実証しています。

今日の考察/加藤官房長官、04年文書「将来の任命拒否の可能性排除するものでない」 - 毎日新聞"内務省の決定を外務省に知らされていたとしても、外務省の拒否権を持つべきではない" - 外務省 "詳細は知らないが、外務省は任命を辞退...

EUの決定は多くの理由から良い決定です。延滞です。薬物との戦争は悲惨な結果をもたらし、変化の時が来ました。また、国際機関が公共政策において重要な役割を果たすことができることの素晴らしい例でもあります。

国際条約は同意するのに何年もかかる場合がありますが、それを行うときは拘束力があります。また、EUの決定はすべての加盟国を拘束します。つまり、EUが最も強力であり、その指導者が最も影響力を持つ国、つまり英国は、他の国が無視できない方法で、大麻に関する最も厳しい基準に同意していることを意味します。

EUはまた、大麻が他の薬物と同様に規制されることを保証するための勇気ある措置を講じました。大麻使用障害は深刻で深刻化する公衆衛生問題であり、EUはこの薬物が有害で中毒性があり、公衆衛生危機であり、そのように扱わなければならないことを認識しています。

大麻産業がそれ自体を販売することを許可された場合、起業家の新しい波が大麻産業にやってくるのを見ることができます

※この考察はフィクションであり、実在する、人物・地名・団体とは一切関係ありません。

この考察の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい

今日はこのテーマで考えてみようと思います。

クルーズ船の約100人、発熱など体調不良訴え  – 産経ニュース
www.sankei.com


Photo by chipgriffin

今日の考察/道内の感染者 6日ぶり20人台|NHK 北海道のニュース2017年8月5日 ゥ 北海道での感染者数は、前年比23%増の1万9841人となったとNHKが1日報じた。 北海道の保健省は先月、英...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です