考察

今日の考察/コロナ感染クルーズ船は清掃なく規制も 乗客限界に – 社会 : 日刊スポーツ

大手医療提供者は、クルーズ船での水泳による致命的な病気、リーシュマニア症と呼ばれる致命的な病気にかかるリスクについて公衆衛生の発表を行っています。それは皮膚と肺を攻撃する病気です。感染者になりたくない。

また、カリフォルニア州からメキシコに来ている場合は、特にカリフォルニア州でリーシュマニア症の症例が最も多いため、感染者になりたくありません。米国で最も一般的な熱帯病であるリーシュマニア症は、熱帯蚊に刺されてヒトに感染します。そして、クルーズ船は海にどれだけ近いか、蚊が豊富で、蚊が繁殖できる大きなオープンスペースであるため、完璧な場所です。

クルーズラインは何日もの間、乗客、さらには乗組員をクリーンアップしています。しかし今、彼らは公衆衛生の発表を行っており、手を洗ったりコンドームを使用しないと、リーシュマニア症にかかるリスクは10倍になる可能性があると言っています。また、カリフォルニア州のケースのために、カリフォルニア州からメキシコに来るのは危険ではないと彼らはあなたに話そうとしません。それは真実ではない。そうではありません。それはリスクではありません。

そして彼らが消費者に伝えていないことは、リーシュマニア症は感染したナンキンムシによって広まっているということです。そして、それは船の上だけではありません。それは、クルーズ船と国の他の地域のクルーズ船にあります。したがって、消費者にとって、これは避けられないリスクです。

それでは、クルーズラインの発表についてどう思いますか?まあ、クルーズラインが公衆衛生の発表をすることは非常に無責任だと思います。病気がなくなるわけではないと思います。

今、もちろん、クルーズラインは、彼らが船をきれいにしようとしていると彼らは乗客のコンドームを提供すると言います。そして彼らはそれらを提供する必要はありません。彼らはそうする必要はありません。あなたが持っているのは、公衆衛生に関しては完全に機能しないシステムだと思います。そして、クルーズラインはCDCと連邦政府と協力して、人々が保護されることを確実にする方法を見つけるべきです。

今日の考察/記述なしでも「時間足りない」 共通テスト何が変わった:朝日新聞デジタル1993年に試験が始まって以来、初めて政府の共通テストが今年からコンピュータ化されました。共通テストでは初めて、初日がテストの初日でもあ...

クルーズ会社は、コンドームを乗客に提供すると言っていますが、コンドームは発行していません

※この考察はフィクションであり、実在する、人物・地名・団体とは一切関係ありません。

この考察の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい

今日はこのテーマで考えてみようと思います。

コロナ感染クルーズ船は清掃なく規制も 乗客限界に – 社会 : 日刊スポーツ
www.nikkansports.com


Photo by symphony of love

今日の考察/阪神・淡路大震災から26年「がんばろう」の灯籠並べ犠牲者追悼 | 阪神・淡路大震災 | NHKニュース屋根の上の音 "がんばろう "と書かれた提灯が並べられ、5月25日、阪神・淡路大震災の犠牲者を追悼する一周忌のイベントが行われました。...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です