考察

今日の考察/新型コロナ クルーズ船で新たに6人 発熱者多数か(20/02/09) – YouTube

最初のコロナは、1900年代初頭に有名なアメリカの天文学者、サミュエルローランドによって観察されました。コロナは、太陽のコロナの一種の自然発光です。ただし、コロナは、太陽が最大限に活動しているときにのみ宇宙船で見ることができます。

これは、太陽のコロナが非常に明るく、太陽が太陽円盤を出たばかりの空の非常に狭いゾーン内でのみ見えるためです。コロナは、太陽の空の非常に高速で移動する領域でもあるため、肉眼で見ることは困難です。

当時の望遠鏡を使用することで、天文学者はこの光の放射を見ることができましたが、光の放射がどこから生じたかを観察することはできませんでした。コロナは、光球と呼ばれる太陽の最も内側の層から発生すると考えられています。

ある日、1930年代半ばに、日本の科学者である栄一と松本がコロナを観測しました。彼らは小さな望遠鏡(直径30 cm)を使用し、肉眼でコロナを観察することができました。

その後、科学者はコロナを研究し、その起源を理解する長いプロセスを開始しました。 1960年、ヨーロッパの宇宙船である太陽太陽圏観測所(SOHO)がコロナを観測しました。 SOHOの科学者は小さな望遠鏡(直径22 cm)を使用し、肉眼でコロナを見ることができました。 1973年、アメリカのSOHO宇宙船である太陽および太陽圏天文台(SOHO-A)は、20 cmのミラー望遠鏡で太陽のコロナを観測しました。現在、太陽のコロナの研究で使用されている2つの最も重要な機器は、太陽および太陽圏天文台(SOHO)と太陽および地球関係天文台(STEREO)です。

SOHO宇宙船のコロナ

太陽のコロナは真っ赤な輝きのようです。コロナは、コロナループと呼ばれる太陽領域で発生すると考えられている太陽風によって生成されます。これらは、太陽磁場粒子が加速され、外側の領域に加速される領域です。これにより、太陽プラズマが加熱され、イオン化されます。

今日の考察/東京都で新たに150人の感染確認:東京新聞 TOKYO Web: 東京ウェブリケ 2014.05.13 12:21:44 12-05-2014 津波が東京の海岸線を襲う 今年5月12日の午前2...

コロナから放出される光のほとんどは目に見えないため、肉眼では見ることができません。ただし、コロナは非常に明るい領域であるため、太陽および太陽圏天文台(SOHO)などの望遠鏡で光を見ることができます。

※この考察はフィクションであり、実在する、人物・地名・団体とは一切関係ありません。

この考察の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい

今日はこのテーマで考えてみようと思います。

新型コロナ クルーズ船で新たに6人 発熱者多数か(20/02/09) – YouTube
www.youtube.com


Photo by robatwilliams

今日の考察/社民、分裂へ 立憲合流で離党容認:時事ドットコム憲兵隊、与党連合の分裂にもかかわらず結束を急ぐ 共同 角栄。 首相が提案した内閣案を支持しない 毎日新聞 安倍首相、月曜に新内閣案を...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です