考察

今日の考察/ダイヤモンド・プリンセス 全乗客の旅行代全額払い戻し – 産経ニュース

[…]

日本政府は、ここ数カ月で、中国からの外国人観光客の上限を引き上げることを議論しています。

「日本の観光客が中国にあまりにも頻繁に、そして自由にやってくるので、どうやって生活の質を改善するかという問題があります」と、産経新聞の新聞記者の中野益通は言う。

「政府は、同じ家族の人々が東京に来て、彼らができることについて不平を言うような状況を避けるために、ビザの要件を緩和し、中国の観光客に国をよりアクセスしやすくすることの正しいバランスをとることを試みるべきだと思う「寮の床で寝る場所を見つけないでください」と彼は付け加えます。

日本は徐々にビザの規制を厳しくしており、観光ビザの取得が難しくなり、待機期間が3週間から6週間に増えています。

しかし、さらに多くの制限がありますが、多くの中国人はまだ日本に来ることを選択しています。

中野は、多くの中国人観光客が安い家賃、手頃な価格の生活費、高水準の教育などの生活の質のために日本に来ると言い、「彼らは自分たちの生活の安全について考えていない」。

彼は、日本のビザ規制は「十分ではない」と言い、中国人は自国でより安全で保護されるべきだと言う。

しかし、多くの中国人は、ビザの手続きが変わったにもかかわらず、日本ではまだ安心していない。

今日の考察/「重点化」が「ゲンテン化」? 首相、所信表明で複数箇所言い間違い  - 毎日新聞首相は アジア太平洋をあきらめるつもりはないが、自由貿易圏ではないという現実を無視するわけにはいかない。 首相:アジア太平洋をあきらめ...

現在の日本政府は「外国人に対して否定的な態度を持っているようで、日本のすべての主要政党で同じようだ」と中野は言う。

「政府はまだ日本の外交政策を開放することを検討しており、多くの人々が同じように感じていると思う」と彼は結論付けた。

彼は、世界で最も人口の多い国を引き付けるために、日本は中国のビザ要件を緩和することを検討すべきだと言います。

日本は中国人にとって最も人気のある観光地の1つですが、その多くは中国の劣悪な状況について不平を言っています。

世界は非常に複雑な場所です。明白なものもあれば、それほど明白ではないものもあります。時々、あなたは本当に何を見ているのか分からない。

これもその1つです。

これはアリックスという女性のビデオです。彼女のウェブサイトによると、「プロのメイクアップアーティストです。メイク、髪、爪を専門としています。15歳からメイクを使用しています。

※この考察はフィクションであり、実在する、人物・地名・団体とは一切関係ありません。

この考察の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい

今日はこのテーマで考えてみようと思います。

ダイヤモンド・プリンセス 全乗客の旅行代全額払い戻し – 産経ニュース
www.sankei.com


Photo by Cámara de Diputados de Chile

今日の考察/「重点化」が「ゲンテン化」? 首相、所信表明で複数箇所言い間違い  - 毎日新聞首相は アジア太平洋をあきらめるつもりはないが、自由貿易圏ではないという現実を無視するわけにはいかない。 首相:アジア太平洋をあきらめ...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です