考察

今日の考察/上級国民を存在させる安倍政権/政界地獄耳 – 政界地獄耳 – 社会コラム : 日刊スポーツ

安倍政権は、高齢者が住むことができる高齢者の住居の数を増やすことを計画しています。

政府は、すべての居住者が少なくとも60歳、つまり旧政府の年齢範囲の上限でなければならない少なくとも1,000人の収容能力を持つ高齢者の住居の数を増やすことを計画しています。

高齢者は、屋内プール、ランドリールーム、ガーデンルームなどの施設を最大限に活用できる1ベッドルームアパートメントに住むこともできます。

1ベッドルームアパートメントは、日本の人口の約30%を占める東京、京都、大阪、神奈川、群馬県に建設されます。

政府は、今年度中に少なくとも5,000の施設を建設する予定です。

「政府は、高齢者に住居の自分の部屋を提供する」と安倍首相は8月19日に記者団に語った。

「政府は、公営住宅に住む高齢者の数を、2019年までに少なくとも20,000人、2060年までに40,000人に設定します。」

首相はまた、高齢者を仕事から除外できる期間を決定する法律の改正を提案した。

今日の考察/社民、分裂へ 立憲合流で離党容認:時事ドットコム憲兵隊、与党連合の分裂にもかかわらず結束を急ぐ 共同 角栄。 首相が提案した内閣案を支持しない 毎日新聞 安倍首相、月曜に新内閣案を...

「高齢であると考えられている人々は、彼らの職業の最低義務をもはや果たすことができない彼らの労働年の終わりの後の少なくとも1年間、仕事から除外されるべきです」と、安倍は記者団に語った。

「法律を変更することを提案します。」

彼は、政府が来年の問題を検討すると付け加えた。

安倍首相は、高齢者の住居の数を増やす予定です。現在、家庭に住んでいる高齢者の数は約25,000人です。

2016年5月に廃止された古いシステムでは、65歳になった居住者は、園芸などの職務を遂行できなかった場合、最大2年間仕事を辞めることができました。

安倍首相の提案は、政府が高齢者の労働期間を3年に延長することを提案してからほぼ3か月後に行われます。これは、長期失業者が低賃金の仕事を受け入れざるを得ないようにする方法と考えられています

日刊現代研究所が発表した最新の世論調査では、政府の承認率は6年間で最低レベルに低下しました

※この考察はフィクションであり、実在する、人物・地名・団体とは一切関係ありません。

この考察の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい

今日はこのテーマで考えてみようと思います。

上級国民を存在させる安倍政権/政界地獄耳 – 政界地獄耳 – 社会コラム : 日刊スポーツ
www.nikkansports.com


Photo by AJ Yakstrangler

今日の考察/石破氏動かした幹部の一言 2日徹夜して決断「これが俺の生き様」 - 毎日新聞故郷に帰りたくないと言う日本人がいるのも納得ですね。 石破浩は一人で生きることを選んだ男だ。 彼には家族はなく、妻子もなく、一人暮ら...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です