考察

今日の考察/森林火災に「恵みの豪雨」 シドニーで30年ぶり降水量―豪:時事ドットコム

今年の火災シーズンには、いくつかの火災で荒廃した地域に行ったことがありますが、非常に乾燥していることが確認できます。この地域は、春と秋にモンスーン雨が降るので、1世紀以上にわたって非常に乾燥しています。モンスーンは1970年代および80年代ほど強くはありませんでしたが、夏の終わりから初秋にかけて、この地域に多くの湿気をもたらすのに十分な強さでした。

今年のモンスーンは、過去ほど強くありません。

判明したように、1970年代と80年代のモンスーン雨でモンスーンの効果が低下することは、地球温暖化です。

大気中の水蒸気は1970年代以来2倍になり、この水蒸気の増加がモンスーン雨の強さを増加させています。その結果、1970年代および80年代のモンスーン雨は、大気中の水分がより長い時間枠にわたって増加したため、より効果的でした。さらに、1970年代および80年代のモンスーン雨は、今日のモンスーン雨ほど季節変動がなかったため、より強かった。

地球温暖化は、大気中の水分の増加によりモンスーン雨が弱くなるため、モンスーン雨の将来的な効果を低下させる原因です。

私はいつも乾燥気候の大ファンでしたが、気候変動が乾燥モンスーン雨にどれほどの役割を果たしているかを理解できたので、私はさらにもっとそうなったと思います。

今週末、休暇に出る前に数時間子供たちに別れを告げるのは少し大変でした。しかし、少なくとも彼らは家に戻っていました。

今日の考察/受け入れ病院 “現場は災害レベル”|NHK 関西のニュース▪ 政府は、病院が複数の施設を運営できるようにすることで、被災地における医療の質を向上させようとしています。新しい法律では...

金曜日の午前2時30分に家を出て、友人と会い、映画と午後6時30分にポットラックディナーをしなければなりませんでした。

私は、現在2週齢の息子が弟と遊ぶのを見る機会がありました。私はまた、新しい赤ちゃん、彼の兄弟、彼の妹に会うことができました。

土曜日に、私たちは赤ちゃんの服やおもちゃを買いに行きました。お父さんと私は一緒に買い物をし、彼は私を家に連れて行ってくれました。

翌日、私は小さなジェイデンと起きて、午前8時に仕事に行きました。しかし、私がオフィスに着いたとき、すべての机がなくなっていました

※この考察はフィクションであり、実在する、人物・地名・団体とは一切関係ありません。

この考察の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい

今日はこのテーマで考えてみようと思います。

森林火災に「恵みの豪雨」 シドニーで30年ぶり降水量―豪:時事ドットコム
www.jiji.com


Photo by DB’s travels

今日の考察/新型コロナ 高齢者ワクチン都内787人に1回目接種|NHK 首都圏のニュース(時事通信) - 東京都は、エボラ出血熱の感染を防ぐため、他の地域で実施されている新型コロナワクチンを都内の高齢者1万人以上に注射する予...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です