考察

今日の考察/新型コロナ「クルーズ船の食事」が高評価 日本で材料調達、船内から感謝の英文ツイートも(J-CASTニュース) – Yahoo!ニュース

第二百科

このレビューでは、過体重および肥満の若い男性の身体組成および心血管代謝危険因子に対する8週間の中程度の運動介入の影響を調べます。 14人の男性(25.9±1.9歳;ボディマス指数[BMI] 28.9±1.1 kg / m(2))は、4週間で区切られた8つの異なる運動モード(ウォーキング、サイクリング、またはランニング)でランダム化クロスオーバー試験を完了しました。体重、BMI、および%fatは1週目および8週間後に有意に増加しましたが、心臓代謝の危険因子(BMI、安静時心拍数、血圧)は8週目に有意に減少しました。改善は16週目で維持されました。ベースラインまたは8週間後に測定された身体組成に対する運動モードの影響はありません。ただし、脂肪の減少率の増加は、8週間にわたって変化を維持するための重要な要因です。ただし、この年齢層の太りすぎおよび肥満の若い男性に最適な運動モードを確立するには、さらなる研究が必要です。

最近の研究では、免疫系を高める方法の1つは、ウイルスを持っている人に触れさせることで、ウイルス(研究では生命体であるウイルス)に患者を「さらす」ことです。これが良い考えである理由の1つは、ウイルスが体内の他の細胞に感染し、その後感染する可能性があることです。

体が反撃する機会を提供するため、これは素晴らしいアイデアです。そのため、これを可能な限り避けるようにすることをお勧めします。

では、なぜこれを行わないのでしょうか?

問題は、このアイデアを初めて聞いたとき、ウイルスが侵入できない他の何かが体内にあると思ったため、うまくいかないと思ったということです。結局のところ、ウイルスは小さいため、侵入できたとしても人体に大きなダメージを与えることはできません。

しかし、結局のところ、ウイルスとの接触を通じて体内に入る可能性のあるものはたくさんあります。そして、ウイルスが侵入すると、体に多くのダメージを与える可能性があります。

今日の考察/「福島原発の汚染水放流を中断しろ」…釜山市議会が決議案採択=韓国(WoW!Korea) - Yahoo!ニュース福島、日本。 原発事故は「それほど遠くない」将来に起こる可能性があるとの研究結果が出た - ロイター 日本の核危機は想像以上に深刻、高...

具体的には、ウイルスは細胞膜を通って細胞に侵入します。これが、感染した人と接触することでインフルエンザに感染する理由であり、窓に触れるとインフルエンザに感染する可能性が高い理由です。ウイルスは血液脳関門を通過することさえできます

※この考察はフィクションであり、実在する、人物・地名・団体とは一切関係ありません。

この考察の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい

今日はこのテーマで考えてみようと思います。

新型コロナ「クルーズ船の食事」が高評価 日本で材料調達、船内から感謝の英文ツイートも(J-CASTニュース) – Yahoo!ニュース
headlines.yahoo.co.jp


Photo by Clive G’

今日の考察/石破氏動かした幹部の一言 2日徹夜して決断「これが俺の生き様」 - 毎日新聞故郷に帰りたくないと言う日本人がいるのも納得ですね。 石破浩は一人で生きることを選んだ男だ。 彼には家族はなく、妻子もなく、一人暮ら...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です