考察

今日の考察/チャーター機で帰国、2人の感染確認…1人は埼玉の自宅に帰宅後高熱 : 国内 : ニュース : 読売新聞オンライン

日本の共同通信のウェブサイトは、厚生省が8月7日に神戸からのフェリーで埼玉県の故郷に戻った感染者のウイルスの「存在を確認した」と述べた。

新聞は、ウイルスに感染した女性と密接に接触していた男性が発熱に苦しんでおり、帰宅後に病院に移送されたと述べた。

日本の保健省は、20代の男女がウイルスに感染していないと述べた。

男性の状態は病院から退院するのに十分に改善された、と同省は付け加えた。

東京放送を含む報道機関は、男性はエールフランスの客室乗務員であった女性と関係があったと報告した。

エールフランスは、ペアが気分が悪くなり始めた8月7日にサンディエゴ行きのフェリーに乗っていたと述べました。彼らは安定した状態にあった、と航空会社は言った。

日本のメディアは、女性が症状を発症したときに男性の面倒を見ていたと言ったとして保健省の役人を引用した。

「感染した人が他の人と関係があることを今日まで知りませんでした」と当局者は言いました。

関西国際空港の関係者は、この女性は米国行きの飛行機にも乗っていると語った。

今日の考察/社説:首里城の再建 沖縄の心引き継ぐために - 毎日新聞毎日弘:首里城は単なる記念碑ではなく、沖縄の強さの象徴 - 毎日弘 - 2015年06月19日 沖縄は歴史が作られる場所であり、沖縄の...

日本には2万件以上のウイルスがあり、その大部分は海外から帰国した感染者に関連したものです。旅行者の増加により、症例数はさらに増加することが予想されます。

世界保健機関によると、人から人へと伝染する世界最悪のウイルスの発生は停止しました。

一般の人々を結び付ける新しい種類のテクノロジー、仮想現実会議があります。

実際、今年は4つのバーチャルリアリティ会議があります。

1つ目はVirtual Reality Londonと呼ばれ、今週末に行われます。その目標は、バーチャルリアリティテクノロジーに情熱を持つ人々に新しい種類のネットワーキングの機会を提供することです。

Virtual Reality Londonは、VRについて議論するために一般の人々が集まるように設計されたイベントです。

「バーチャルリアリティは究極のソーシャルエクスペリエンスです」と、VRLA(Virtual Reality Londonの親会社)の共同設立者兼CEOであるJens Bergman氏は言います。 VRは、人々が3D環境で仮想的に相互作用できる没入型テクノロジーです

※この考察はフィクションであり、実在する、人物・地名・団体とは一切関係ありません。

この考察の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい

今日はこのテーマで考えてみようと思います。

チャーター機で帰国、2人の感染確認…1人は埼玉の自宅に帰宅後高熱 : 国内 : ニュース : 読売新聞オンライン
www.yomiuri.co.jp


Photo by kndynt2099

今日の考察/2021年の千葉県知事選挙 自民が鈴木大地氏の擁立を見送りへ - ライブドアニュース都知事選の一次投票を告示(その3) - Japan Times 共同 都知事選は権力闘争に発展する可能性が高い - Japan Tim...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です