考察

今日の考察/フィリピンに続きタイも入港拒否…日本が自粛求めたクルーズ船「ウエステルダム」 : 国際 : ニュース : 読売新聞オンライン

日本の自主航海船「ウスターダム」は、東南アジアの国の2ヶ月のツアーのためにフィリピンに到着した、船の主任スチュワードは水曜日に言った。

船の船長によると、船は月曜日に神戸の日本の港を出て、フィリピン南部のミンダナオ島への2か月の航海に乗り出し、そこで世界遺産に登録されているバタネス島、有名な「ホワイトマウンテン」とタクロバンの歴史的な街。

フィリピンにいる間、船はフィリピンの南の島のグループにあるルソン島の小さいが重要な島も訪問する、と船長は言った。

「私たちは一週間以上前にフィリピンに向かった」と加藤忠雄船長はインタビューで述べた。

「航海は韓国(船舶が登録されている場所)で始まり、2か月の間に北上しました。

「私たちは4月1日にフィリピンに行きましたが、そこで2か月を過ごします。」

船長は船のウェブサイトで、フィリピンへの訪問者は国のユニークな文化とその人々の多様性を楽しむことができるべきだと言った。

「日本の自制式クルーズ船「ウスターダム」は、東南アジアの国々の2か月のツアーのためにフィリピンに(火曜日)到着しました」とウェブサイトは述べています。

今日の考察/英国流行変異ウイルス 静岡の3人感染確認 市中感染か 厚労省 | 新型コロナウイルス | NHKニュースH7N9ウイルス感染者3名(全日本 2014年2月12日~21日に静岡県の市町村から新たにH7N9(おたふくかぜ)の患者3人が報告され...

「この旅は韓国で始まり、2か月の間に北に向かっています。

「世界遺産に登録されているバタネス島を訪れ、タクロバンの歴史的な街を訪れました。

「私たちはまた、フィリピンの小さいながらも重要なルソン島を訪問します。」

日本の自拘束式クルーズ船「ウスターダム」は、フィリピン南部のミンダナオ島に2か月の旅をした後、4月1日に神戸を出発し、世界遺産に登録されているバタン島などの主要なサイトを訪れます。有名な「ホワイトマウンテン」とタクロバンの歴史的な街。

「船の名前「Uester」は、海または海を表す英語の単語で構成されています。

「この船は東京に本社を置くクルーズ会社の旗艦であり、その主な目的地はフィリピンです」と述べています。

「この船は、日本の大塚商会が運営しており、UESO Shipping Co.、Ltd.が所有しています

※この考察はフィクションであり、実在する、人物・地名・団体とは一切関係ありません。

この考察の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい

今日はこのテーマで考えてみようと思います。

フィリピンに続きタイも入港拒否…日本が自粛求めたクルーズ船「ウエステルダム」 : 国際 : ニュース : 読売新聞オンライン
www.yomiuri.co.jp


Photo by European Committee of the Regions

今日の考察/自宅療養中に気付かず症状悪化も|NHK 首都圏のニュース処置 抗生物質 重度の大腸菌感染症の場合は、それ以上の感染を防ぐために抗生物質のコースを処方する医師もいます。抗生物質の種類と投与量...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です