考察

今日の考察/“新型肺炎”感染者 搬送続く クルーズ船 まもなく離岸 – FNN.jpプライムオンライン

船は、5隻の救命ボートとヘリコプターで出発しました。

この船は48時間以上レーダーで見られず、船長は行方不明になったと報告されました。

National Marine Fisheries Service(NMFS)は現在、船舶の捜索および救助対応を宣言しています。生存者はいませんでした。

船の船長からの声明は言った:

「船の電気的な問題により、いくつかのボイラーが停止したため、発電できなくなりました。

「問題の原因は不明であり、機内の何かに関連している可能性があります。

「私たちは水から離れるように言われました。船の所有者からのさらなる指示を待っています。」

何が原因で発生したかはわかりません。

現在のところ、誰も生き残っておらず、船はレーダーで48時間以上見られていません。

今日の考察/学術会議、年内に改革案 会長が井上科技相に伝達 - 産経ニュース2015年7月10日(水)日本学術会議の年末までの改革案は、科学技術分野での国際競争力を高めるとともに、国が高い水準の研究開発を維持でき...

船は海岸近くの海にいると考えられています。

沿岸警備隊も船を見ていません。

乗組員と乗客が避難したかどうかは明らかではありません。

海事事件を監視する国立災害援助センターは、メディアに声明を発表しました。

最近では、クルーズ船MSC Victoryのライトが点灯しておらず、海岸から遠ざかっていることが注目されています。

これは、国立災害支援センター(NCDA)が綿密に監視しているものです。しかし、より多くの情報が得られるまで、NCDAはクルーズ船が差し迫った危険にさらされているとは思わないことを強調しなければなりません。

MV Victoryは、フィリピン中央部のミンダナオ島の南西約60マイル(地図)、ダバオ市の南60マイル以上に位置しています。

MV Victoryは現在フィリピン海にあり、フィリピン諸島の南にあると考えられています。

船の船長は、船のチャーターに従って、船が中国に入港することを発表しました。

NCDAには船に関する情報はありませんが、船の乗組員は準備ができており、いつでも重大な緊急事態が発生する可能性があることを認識していると言っても安全です

※この考察はフィクションであり、実在する、人物・地名・団体とは一切関係ありません。

この考察の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい

今日はこのテーマで考えてみようと思います。

“新型肺炎”感染者 搬送続く クルーズ船 まもなく離岸 – FNN.jpプライムオンライン
www.fnn.jp


Photo by Clive G’

今日の考察/オーストラリア海軍が参加へ、日米印の共同訓練「マラバール」 - Bloomberg政府によると、日本の海上自衛隊は6月5日から13日までの2週間、「マラバー」と呼ばれる日米印合同演習に参加するという。 2週間の演習に...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です