考察

今日の考察/「打倒トランプ」の可能性は…最年少38歳の大統領候補、躍進のワケ(町田 徹) | マネー現代 | 講談社(1/7)

「トランプ主義」が新しい「ポピュリズム」である世界では、世界で最も古く、最も成功している日本の雑誌は、世界で最も若い政治的スターを見ています。

東京地方議会の議員に選出され、すでに中道左派民主党のメンバーとして政治の新星と見なされている町田徹(38)は、独特の政治スタイルを持っています。

彼は、スピーチのシンプルで直接的なスタイルを持つ「トランプ主義」のアンチテーゼです。トランプとは異なり、町田は、愛だけでは問題を解決できないと考えているため、愛されることに興味はないと言います。彼は、メディアではなく人々のために問題を解決したいと言います。彼の演説は、トランプの演説に似たトーンを持っています。

トランプの「私、壁」スローガン(町田)

彼はまた言う:

「問題は国と人々です。」

町田氏はまた、2020年に大統領選に立候補することをやめないと述べている。この意味で、彼はトランプに似ている。

日本のマスコミは、町田を2020年の選挙の候補である「トランプ」として扱い始めました。

町田は、国民的英雄、一種の「反トランプ」になりたいと言っている。

今日の考察/都内では人出増加 首都圏除き6府県解除へ|日テレNEWS24東京都を除く6都県で、東京都内の人口が解禁されると、政府関係者が金曜日に発表しました。 人口算定制度の変更は、2019年3月の年度末ま...

最も「ダウンビート」なトランプ(町田)

最近の世論調査では、町田は2017年12月4日に予定されている東京都議会の次の選挙のトップレースで3位になりました。

町田はまた、現職から地区評議会の議席を引き継ぐ唯一の候補であり、政権の政党が候補者を出さなかった選挙で最初に勝った。これは、「トランプ主義」が米国に限定されないという事実を明らかにする勝利です。

町田の人気は東京郊外で特に顕著です。彼の党はまた、9月に開催された地方議会選挙で与党の民主党、12月の議会選挙で自民党を破り、世論調査で急上昇しています。

町田と「新しいナショナリズム」(町田)

町田の政治スタイルとプラットフォームは、米国共和党の大統領候補ドナルドトランプのそれと似ています。

町田の政治的メッセージは、トランプよりも保守的です。しかし、彼は「憎しみの政治」と「無知」を拒否すると言います。

町田は日本に3年しか滞在しておらず、すでに地方議会に選出されています

※この考察はフィクションであり、実在する、人物・地名・団体とは一切関係ありません。

この考察の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい

今日はこのテーマで考えてみようと思います。

「打倒トランプ」の可能性は…最年少38歳の大統領候補、躍進のワケ(町田 徹) | マネー現代 | 講談社(1/7)
gendai.ismedia.jp


Photo by denisbin

今日の考察/新型コロナ 瀬戸内市で1人感染 県内2479人に:山陽新聞デジタル|さんデジ福島県では新たな感染者が増え続け、1,058人が診断された。同県では、原発が稼働してから初めてコロナを発症したと、読売新聞が厚生省を引用...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です