考察

今日の考察/サンダース氏勝利 ブティジェッジ氏と激戦―米大統領選・民主指名争い第2戦:時事ドットコム

私がこれについて書いていた理由を考えていたとき、私は自分の子供時代について考えていました。私は非常にカトリックの家族で育ちました。初めて違うことを経験したのは、母と兄弟が修道女の習慣で私を着せたいと決めたときでした。私が3歳か4歳のとき、母は私に、毎週日曜日に教会に行き、ミサを聞き、祈るように言った。私は良いカトリックではありませんでした。私は恥ずかしがり屋だったので、興味がなかったら母にどうするか尋ねるのが怖かった。彼女は、教会は他の場所と同じように、神を礼拝する場所だと説明しました。神を信じ、神に語り、神の道を学ぶ場所でした。私は家族の宗教が違うことを知っていましたが、それはただの生き方だと思い、それを受け入れなければなりませんでした。私は教会に行くことを恐れていましたが、私も違うことをしたくはありませんでした。

翌年、私は最初の公立学校に行きました。私は良いカトリック教徒でしたが、非常に緊張していました。両親に自分がレズビアンであることを伝えると、家族に拒否され、クラスメートにm笑され、先生にからかわれると思いました。私は神に頼って受け入れられるとは思いませんでした。それで、私は何とか、どういうわけか、これが変わり、カトリック信仰に受け入れられることを祈りました。私は毎日祈り、毎日カトリックの聖書を読み、毎週カトリック教会と聖人について読みました。私は違うことを克服し、カトリック教徒として受け入れられる方法を見つけようとしていました。

7年生では、良い春休みでした。私の家族はメリーランド州で休暇中に家を借り、私たちは皆行ったり来たりしました。私たちはビーチに行き、ショッピングモールに行き、水族館に行き、ディズニーワールドに行き、ワシントン記念塔を見に行きました。私はとても気分が良く、神に向かって受け入れられるように感じていました。旅行の前の週末、私はカトリックについての私の疑問のすべてについて祈っていました。私はこれらの疑いについて祈りました。なぜなら、私を拒絶し、私をからかう教会に行きたくなかったからです。

家に着くと、母と弟に出会った。母は言った、「時間だ」

※この考察はフィクションであり、実在する、人物・地名・団体とは一切関係ありません。

この考察の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい

今日はこのテーマで考えてみようと思います。

サンダース氏勝利 ブティジェッジ氏と激戦―米大統領選・民主指名争い第2戦:時事ドットコム
www.jiji.com


Photo by sanelinews

今日の考察/札幌で最多46人感染 芸能事務所でクラスター「メンバー体調不良でもイベント」 - 毎日新聞16:50 UTC. 東京消防庁は、被災地に避難していた人たちの説明を確認しました。 彼らは安全な場所にいて、雨から避難している。 1...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です