考察

今日の考察/外務省、一時帰国「至急検討を」 中国全土の邦人に呼び掛け―新型肺炎:時事ドットコム

数日前、私は日本に30年以上住んでいた中国の個人から電子メールを受け取りました。電子メールを事務所の英語の公式連絡先であるYang Xiaodong氏に転送しました。

ヤンさんは外務副大臣であり、日本大使館の英語サービスの責任者です。

このメールには、上海の居住者である中国人の名前がパスポートに記載されていなかったため、6年間日本に居住するビザが拒否されたことが記載されていました。この電子メールは、中国の出生証明書を提供することを拒否したことや拒否した理由など、いくつかの詳細を述べています。

この個人は現在中国におり、日本に戻る準備をしています。

私たちは、ヤンさんの事務所に、事件を取り巻く事実を私たちに知らせ、外務省の事件に関する詳細な報告書を作成するように頼みました。

引き続き状況を監視し、日本に居住する外国人の要件が違反されていないことを確認します。

心から

ヤン・シャオドン

今日の考察/記述なしでも「時間足りない」 共通テスト何が変わった:朝日新聞デジタル1993年に試験が始まって以来、初めて政府の共通テストが今年からコンピュータ化されました。共通テストでは初めて、初日がテストの初日でもあ...

外務次官

[上]

日本にいる外国人は、日本人と同じ法律や規制の対象となります。ただし、ほとんどの外国人は一定期間日本に住むことができますが、日本政府によって課された制限に注意することが重要です。

日本に住んでいる外国人は、日本人と同じ法律と規制の対象となります。ただし、ほとんどの外国人は一定期間日本に住むことができますが、日本政府によって課された制限に注意することが重要です。

日本の法律の下では、日本で働く外国人の権利は合計10年に制限されています。日本政府は、ここ数カ月で、2015年に予定されている次の「国際化」を皮切りに、この10年間を12年間延長することを決定しました。 。

この方針では、外国人は毎年日本で働くことが義務付けられており、一度に複数の会社で働くことはできません。また、外国人は、日本企業で一度に3か月以上働くことはできません。

日本の法律は、雇用されていない外国人にも雇用主の社会保障税を毎月支払うことを義務付けています。

※この考察はフィクションであり、実在する、人物・地名・団体とは一切関係ありません。

この考察の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい

今日はこのテーマで考えてみようと思います。

外務省、一時帰国「至急検討を」 中国全土の邦人に呼び掛け―新型肺炎:時事ドットコム
www.jiji.com


Photo by osseous

今日の考察/蓮舫氏の首相演説ツイッター投稿、立民が謝罪 - 産経ニュース東京。ジャパンタイムズ紙は20日、東京大学長の蓮舫龍太郎氏が日本国憲法破壊の謀略の首謀者であることを誤って示唆したとする一連のツイートを...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です