考察

今日の考察/WHO、入港拒否を批判 「根拠に基づかず」―新型肺炎:時事ドットコム

http://www.fao.org/wcms/newsroom/en/pressrel/index.html

http://www.globalpovertyaction.org/en/

http://www.fao.org/ag/news-and-updates/press-releases/2014/fao-release-in-english-on-fifa-organised-crime-matching-scheme-and-criminal -検察

http://www.afrj.gov.rw/en/documents/2013/1410-2/R-1410-2-1.pdf

[5] http://www.fao.org/docrep/003/i16/i16i.pdf

[6] http://www.fao.org/docrep/013/i03/i03i.pdf

[7] http://www.afrj.gov.rw/en/documents/2013/1410-2/R-1410-2-1.pdf

TAMPA — 7月に州法が施行されて警察にそれらの着用を要求する前から、タンパ警察署はボブ・バックホーン市長によると、初めてボディカメラの使用を開始しました。

今日の考察/京都の感染8人、女性会社員ら入院 新型コロナ、23日発表|社会|地域のニュース|京都新聞ナイジェリアで保健ワーカーの間でエボラ感染が2例確認された。 ボスニア ギニアでエボバンの疑いがある2例。 エボラウイルス病(EV...

「警察署はそれらの使用を開始する予定です。現在は公開討論です」とバックホーンは月曜日の朝に語った。

同局は警察組合と協議中であり、警官はすでにカメラを使用していると彼は言った。

「私たちはこの技術を利用してきました」とバックホーンは言いました。 「私たちはローンチの日付を発表する立場にありませんが、展開される予定です。そして、コミュニティに多くの情報を提供できると思います。」

警察用のボディカメラのアイデアは近年勢いを増しており、当時の民主党員であるボブバックホーン市長は2011年にカメラの試用を開始すると述べました。

しかし、州法の施行は、法律が警察機関にカメラの使用を要求しなかったという事実により複雑でした。そして、市が法律に署名するのに数ヶ月かかりました。

法律は30日で施行され、市はパトカーへのカメラの設置を60日で開始します

※この考察はフィクションであり、実在する、人物・地名・団体とは一切関係ありません。

この考察の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい

今日はこのテーマで考えてみようと思います。

WHO、入港拒否を批判 「根拠に基づかず」―新型肺炎:時事ドットコム
www.jiji.com


Photo by USAG Italy

今日の考察/青森県内コロナ感染、新規6人、累計149人に|行政・政治・選挙|青森ニュース|Web東奥日本最北の県の一つである青森県では、2016年10月にウイルスが初めて検出されて以来、146例の報告があり、2016年11月からは159...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です