考察

今日の考察/新型コロナウイルスを「封じ込められない」理由。最悪のケースは「国内の医療崩壊」 | Business Insider Japan

地球上で最も危険なウイルスはまだそこにあります。

日本の保健省は、集団のコロナウイルス株の存在を確認したと報告しているが、発生の規模はまだ分かっていない。このウイルスは、4月に宮城県の老人で最初に同定され、その後、今月同じ県の2人の子供で検出された、と政府は述べています。政府の予備的な推定では、70人以上が感染している可能性があります。

日本は依然として非常事態にあり、鼻や口から感染した飛沫を吸い込むことで拡散する可能性のあるウイルスの発生を警戒し続けています。

「現在、私たちは警戒態勢が強化されており、警戒レベルを高めています。4月から報告はありませんが、事件の拡大を防ぐためにあらゆる措置を講じています。」保健省の疾病予防管理部長。 「私たちは、持っているリソースで最善を尽くしています。」

続きを読む:

「日本エボラ」パニックはなぜ私たちを怖がらせる言い訳なのか

エボラへの恐怖が広がる中、日本の医師は「警戒態勢」に進む

エボラの本当の危険

今日の考察/大阪都構想、前回世論調査から僅差で賛否逆転 反対43・6%、賛成43・3% - 毎日新聞"これまで何度も言ってきたように、今は東京が軽率な動きをしている場合ではない。 慎重になる必要がある」と橋下徹市長。 "都民は変化に投...

日本で百日咳ウイルスが出現

続きを読む:

テキサス州オースティン—連邦判事は、テキサス州に子供として不法に連れてこられた移民に運転免許証の発行を開始する裁判所の命令に従うために、18日間の期限を与えました。

金曜日の米地区裁判官Lee Yeakelは、テキサス州に40万人近くの非文書移民に運転免許証を提供するよう命じました。この命令は、オバマ政権が州が子どもの到着に対する延期措置(DACA)プログラムの延長を許可するかどうかを発表する予定の数日前に来ます。

DACAプログラムは月末に期限が切れる予定であり、テキサス州は、米国に不法に連れてこられた不法移民を子供として受け入れないだろうと述べています。 DACAの下では、子供として米国にやって来て現在3年生、6年生、または7年生で、2007年6月15日から米国に住んでいる不法移民に一時的な法的地位が与えられています。 2012年。

オバマ政権はDACAプログラムを終了すると脅迫しており、バラク・オバマ大統領は今年初め、もしそれを継続するためのお金を含む支出法案を拒否すると脅した。

※この考察はフィクションであり、実在する、人物・地名・団体とは一切関係ありません。

この考察の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい

今日はこのテーマで考えてみようと思います。

新型コロナウイルスを「封じ込められない」理由。最悪のケースは「国内の医療崩壊」 | Business Insider Japan
www.businessinsider.jp


Photo by Greg Peterson in Japan

今日の考察/石破氏動かした幹部の一言 2日徹夜して決断「これが俺の生き様」 - 毎日新聞故郷に帰りたくないと言う日本人がいるのも納得ですね。 石破浩は一人で生きることを選んだ男だ。 彼には家族はなく、妻子もなく、一人暮ら...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です