考察

今日の考察/日本とフィリピンの違いは政府の覚悟/政界地獄耳 – 政界地獄耳 – 社会コラム : 日刊スポーツ

冗談ではありません、本当です。フィリピンのリーダーは、フィリピンのリーダーであるドゥテルテに「いいえ」と言っただけで、政治的地獄または政治的地獄と社会的地獄(彼が今立ち往生している地獄)に直面しています。ドゥテルテは政治家ではないため、これは政治的な地獄です。彼は、野党であれ、フィリピンの評判にどんな結果をもたらしようと、彼がやりたいことは何でもするつもりです。

フィリピンは東南アジアの比較的小さな国です。主な懸念は、フィリピンがアメリカの良き友人になるのか、それともアメリカの悪い友になるのかということでした。フィリピンには、1980年代後半のように、1970年代後半の米国と同じ問題があります。

フィリピンは貧しい国です。市民の多くは農場と工場で働いていますが、貧しい人々です。彼らの生活の質は貧弱です。たくさんの資本、たくさんのお金、たくさんの外国投資(特に米国の投資)、そしてたくさんの外国企業(特に日本企業)を持つ国ではありません。

フィリピンは、政府が常に従業員に賃金を支払っていない国です。サービス(特に医療などの公共サービスの分野)の最大の輸出国の1つである米国でも同じ状況ですが、資本や外国投資が多い国ではありません、多くの外国人と、多くの外国企業と。

フィリピンは、政府が国民のために働かなければならない国です。政府が国民のために働いていない場合、政府が常に従業員に給料を支払っていない場合、政府がこれを行わない場合、および政府がこれを行わない場合、大統領は承認を得ることができません人々のように、彼は人々の承認を得ることはありません。ですから、大統領は何があろうと彼がやりたいことは何でもします。

フィリピンは、政府が自由企業社会ではない国です。政府の立場は政党によって管理されています。政党は、政界における政府の地位と政府の代表者の地位を管理します。

今日の考察/栃木県・足利の山火事 北風フェーンが延焼拡大の要因か 次の雨は3月2日頃(森田正光) - 個人 - Yahoo!ニュース新日本ぷろれす 8/29/2013 NJPW G1 クライマックス 38.6 http://www.dailymotion.com/v...

フィリピンは、政党が政治機械によって管理されている国です。政治機構は、政府の位置、政党の位置、政界における政党の代表者の位置を制御します

※この考察はフィクションであり、実在する、人物・地名・団体とは一切関係ありません。

この考察の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい

今日はこのテーマで考えてみようと思います。

日本とフィリピンの違いは政府の覚悟/政界地獄耳 – 政界地獄耳 – 社会コラム : 日刊スポーツ
www.nikkansports.com


Photo by PLANETART

今日の考察/栃木県・足利の山火事 北風フェーンが延焼拡大の要因か 次の雨は3月2日頃(森田正光) - 個人 - Yahoo!ニュース新日本ぷろれす 8/29/2013 NJPW G1 クライマックス 38.6 http://www.dailymotion.com/v...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です