考察

今日の考察/日本が拒否したクルーズ船、カンボジアに入港…約20人が腹痛や発熱(読売新聞オンライン) – Yahoo!ニュース

[写真:CPH.com.cn]

クルーズ船である南沙は、昨日中国南部の海南省三亜に6日間の航海で出港しました。

船はプノンペンの港を訪問してからカンボジアに行く前に、香港とマカオに行きました。

米国、オーストラリア、カナダ、イタリア、シンガポール、スペイン、ポルトガル、フランス、日本、インド、香港、中国など、10か国からの乗客が搭乗します。

南沙は豪華客船です。

[写真:CPH.com.cn]

船はもともと1999年に打ち上げられ、世界最大のクルーズライナーの1つです。

[キャプション:2012年7月28日、中国南部海南省三亜の南沙クルーズ船]

-読売新聞オンライン

-ファーズニュースエージェンシー

今日の考察/目前の米大統領選、特派員が読む 「トランプ氏に追い風も」「バイデン氏、怖いのは失言」 - 産経ニュース" 日本は一人ではトランプ氏と向き合えない、トランプ氏は日本と向き合えることを示さなければならない" - 共同通信社 " トランプのた...

[写真:Fars News Agency]

[写真:Fars News Agency]

[写真:Fars News Agency]

[写真:Fars News Agency]

[キャプション:南沙クルーズ客船の船が2012年7月28日にプノンペン港を出港]

(写真:CPH.com.cn)

[キャプション:2012年7月28日に南沙クルーズ船がプノンペン港を出港]

テキサス州オースティン—水曜日の連邦判事は、トランプ政権によるテキサス州の厳格な反聖域都市法の施行を一時的に阻止する努力を放棄し、国が違法に法を施行するための道を開いた。 。

裁判官、テキサス州西部地区連邦地方裁判所のジョンG.ヘイバーン2世は、政府が公安を保護するために法律が必要であることを示すために政府がその負担を果たせなかったことだけを理由に、判決の理由を述べなかった。

行政がどのようにアピールするかは不明でした。しかし、政権は、法律が正当な手続き、平等な保護、結社の自由に対する憲法上の権利を侵害していると主張していた。

テキサス州の法律をめぐる争いは、州および移民の権利団体によって繰り広げられており、多くの法律専門家は、この事件が終わったとはほど遠いと考えています。

1900年代初頭、米国陸軍は新しい武器を持っていました。

※この考察はフィクションであり、実在する、人物・地名・団体とは一切関係ありません。

この考察の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい

今日はこのテーマで考えてみようと思います。

日本が拒否したクルーズ船、カンボジアに入港…約20人が腹痛や発熱(読売新聞オンライン) – Yahoo!ニュース
headlines.yahoo.co.jp


Photo by osseous

今日の考察/加藤官房長官、04年文書「将来の任命拒否の可能性排除するものでない」 - 毎日新聞"内務省の決定を外務省に知らされていたとしても、外務省の拒否権を持つべきではない" - 外務省 "詳細は知らないが、外務省は任命を辞退...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です