考察

今日の考察/民主党予備選、穏健派がどの候補に一本化できるかが今後の焦点 | 冷泉彰彦 | コラム | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト

それは日本の政治ではよくあることです。首相は選挙区への挑戦者を獲得し、席を取り戻すことを望んでいます。もしそうなら、東京知事の小池百合子の現在の現職がもう少し競争を獲得することを期待してください。最新の世論調査では彼女が彼女の2期目の任期を確保するのが好きだと示唆しています。

小池の現在の自民党(LDP)のカウンターパートである枝野幸雄は、彼女が参議院で自分の議席を獲得するのにこれ以上役立つとは考えにくい。しかし、2020年に行われる大統領選挙と下院選挙では、小池は有権者に現在の自民党政権に背を向けさせるよう説得する必要があるため、新たな機会を提供するかもしれません。

自民党が小池を追い出すために立候補する人を探しているなら、彼らは2012年衆議院選挙で自民党候補者であり、日本で最も人気のある政治家である安倍春樹に目を向けるべきです。彼は2001年に自民党候補として初の選挙を勝ち取って以来、日本の平和に対する強い発言を続けてきました。また、朝鮮半島に平和をもたらしたいという願望を表明し、核兵器の終結を呼びかけました。

しかし、安倍は日本国民との関係構築に苦労しており、実際には自民党内で小池よりもはるかに人気が低いと考えられています。しかし、彼は彼の支持者がいないわけではなく、党員の間の彼の支持は非常に強く、彼は自民党の選択肢になるかもしれません。しかし、彼は2020年に勝つことができ、状況を考えれば有力な候補者になることができることを有権者に証明する必要があります。彼はそうすることができるかもしれませんが、それは長くて難しい道です。

安倍首相はまだ多くの有権者の同情を得ることができなかったため、自民党の支持に依存するようになりました。彼の人気は総選挙でまだ競争力があるほど高くはなく、自民党は彼に2020年に東京知事に立候補する機会を与えそうにない。

これにより、東京都知事の選挙は新しい候補者によって決定されます。しかし、参議院選挙で小池を破ることができる多くの政治家がいます

今日の考察/目前の米大統領選、特派員が読む 「トランプ氏に追い風も」「バイデン氏、怖いのは失言」 - 産経ニュース" 日本は一人ではトランプ氏と向き合えない、トランプ氏は日本と向き合えることを示さなければならない" - 共同通信社 " トランプのた...

※この考察はフィクションであり、実在する、人物・地名・団体とは一切関係ありません。

この考察の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい

今日はこのテーマで考えてみようと思います。

民主党予備選、穏健派がどの候補に一本化できるかが今後の焦点 | 冷泉彰彦 | コラム | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト
www.newsweekjapan.jp


Photo by RalphArvesen

今日の考察/加藤官房長官、04年文書「将来の任命拒否の可能性排除するものでない」 - 毎日新聞"内務省の決定を外務省に知らされていたとしても、外務省の拒否権を持つべきではない" - 外務省 "詳細は知らないが、外務省は任命を辞退...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です