考察

今日の考察/和歌山70代男性も感染確認 重症 「院内感染は考えにくい」知事 | NHKニュース

感染率の増加の主な理由は、現時点では明らかではありません。この研究は小規模であり(n = 30)、患者はわずか20人でした。考えられる原因は、ワクチン製剤の変更です。これは、ワクチン製剤の変更、またはその他の要因によって防ぐことができます。国立感染症研究所の研究者である中村隆典博士によると、NHKニュースは、「私たちの研究は、単純ヘルペスウイルス1型(HSV-1)感染の血清陽性と、最近、保菌者と同じ部屋に住んでいて、感染した患者の神経梅毒。この研究は、HSV-1感染が神経梅毒につながる可能性があるという証拠を提供した最初の例でもある。

国立感染症研究所(NIAID)は、単純ヘルペスウイルス1型(HSV-1)および神経梅毒(梅毒)に関する以下の情報を発表しました。

HSV-1は、単純ヘルペスウイルスウイルスファミリーのメンバーです。他のヘルペスウイルスよりも非伝染性疾患の深刻な合併症に関連付けられています。 HSV-1は、世界中の神経梅毒の一般的な原因です。 HSV-2感染者の5パーセントと比較して、HSV-1感染者の約3パーセントは神経梅毒になります。神経梅毒感染の70%以上はHSV-1によって引き起こされます。 2011年の時点で、世界中で160万人を超える神経梅毒症例がありました。これらのうち、症例の40%以上が西欧諸国で発生しました。

数日前、私は多くのVC資金を調達していた小さなスタートアップの元従業員と話していました。彼女がまだスタートアップについて経験している興奮を私に見せるために、彼女は次のように言った。

私たちは1年で会社に入りました。私は自分の将来と会社にどのように資金を提供するかについてとても緊張しています。しかし、私は新しい人と出会い、一緒に働くことをとても楽しみにしています。会社がゼロから構築されていること、私が知っている人たちと一緒にこの会社を構築していることが大好きです。この瞬間にいることがどんな感じかが大好きです。

スタートアップを始めたときと同じ気持ちを覚えています。そして、それが起こった理由は次のとおりです。

今日の考察/新型コロナ 瀬戸内市で1人感染 県内2479人に:山陽新聞デジタル|さんデジ福島県では新たな感染者が増え続け、1,058人が診断された。同県では、原発が稼働してから初めてコロナを発症したと、読売新聞が厚生省を引用...

1.アイデアは巨大であり、多くの時間、コミットメント、およびお金が必要です

※この考察はフィクションであり、実在する、人物・地名・団体とは一切関係ありません。

この考察の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい

今日はこのテーマで考えてみようと思います。

和歌山70代男性も感染確認 重症 「院内感染は考えにくい」知事 | NHKニュース
www3.nhk.or.jp


Photo by flickr4jazz

今日の考察/横浜 「必要な量の1%に満たず」 ワクチン接種計画を見直し|TBS NEWS(1) 2016年3月4日時点で、横浜警察署(YPD)は、エボラウイルスへの感染の疑いがあると厚生労働省に通報していた。 (2) YP...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です