考察

今日の考察/沖縄で1人感染疑い クルーズ船乗客と接触か―新型肺炎:時事ドットコム

A.

「肺の慢性感染症」(CILI)として知られる肺炎の最初で唯一の症例が沖縄で発見されました。

沖縄県では、千葉県紀伊屋島公立病院の三橋区に住む2人の若い沖縄の女性が、この病気の最初の症例でこのタイプの肺炎と診断されました。

21歳と27歳の2人の女性は、どちらも沖縄中部の那覇港でクルーズ船の訪問者の清掃員として働いています。感染は、女性が那覇での文化祭に出席した後、および船に乗っている間に女性が故郷の三橋に戻った後に発生しました。

2人の女性は治療のために入院しました。

この病気は、1990年代後半に日本に持ち込まれたと考えられている「古いタイプ」の病気によって引き起こされていると考えられています。若い女性は、沖縄へのクルーズ船の観光客の数が増加し、病気が認識または報告されなかったときに病気にかかった。

感染予防

この2人の女性は米国またはヨーロッパに旅行したことが知られていないため、インフルエンザや肺炎にかかったと信じる理由はありません。しかし、病気が始まったとき、二人の女性は健康状態がよくなかったので、他の人との接触を避けるためにもっと注意すべきだったはずです。

今日の考察/トランプ氏、「抵抗」限界か ミシガン州の共和党幹部が反旗、陣営は感染相次ぐ - 毎日新聞本当の問題は、民主党が草の根の活動家や支持者の力を借りて率先して再建できるのか、それとも最後の戦いに行き詰っているのか、ということだけで...

沖縄ではクルーズ船の訪問者数が急増しており、彼らは彼らに大量のバクテリアをもたらしています。那覇港の2人の女性は、CILIを引き起こす同じ細菌にさらされたと考えられています。沖縄県知事によると、2人の女性が感染すると、肺の細菌が消化管を含む体の他の部分に広がったという。

知事はまた、女性は病気に対して目を開けて、すぐに医師に連絡するべきだと強調した。

日本で最初の症例は、埼玉県鳥取市で2007年に報告されました。街の女性もCILIと診断されました。特に2012年の夏休みシーズン中に「今週の病気」が発生して以来、症例数は近年増加しているようです。

過去数年間、日本の厚生労働省は、クルーズ船の乗客が何人を運んでいるかを調べるために監視を行ってきました。

※この考察はフィクションであり、実在する、人物・地名・団体とは一切関係ありません。

この考察の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい

今日はこのテーマで考えてみようと思います。

沖縄で1人感染疑い クルーズ船乗客と接触か―新型肺炎:時事ドットコム
www.jiji.com


Photo by denisbin

今日の考察/「GoTo」見直し提言 感染地域対象、営業を短縮―リスクに警鐘・コロナ分科会:時事ドットコムリスク:感染地域での再感染 https://www.jiji.com/.cg/article.jsp?item_id=87618 (著...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です