考察

今日の考察/米大統領選、「当選可能性」で浮上したブティジェッジとクロブシャー:日経ビジネス電子版

NPO E-MOLのマネージングパートナーである三船正弘は、「「バタフライの可能性」事件は、当社のビジネスについて正直かつ透明性を保つ方法の良い例でした」と述べています。

「当社は、お客様への製品とサービスの品質を改善する方法を常に模索しています」とミフネは言います。

「だから、当社製品にバティーポーシビリティが見つかったという報告を受け取ったとき、すぐにそれを削除して消費者に連絡しました。この事件が発生し、消費者に心からおaび申し上げます。この事件が、お客様に最高品質のサービスを提供するという当社のコミットメントを実証することを願っています」と三船は付け加えます。

NPO E-MOLのマーケティング担当バイスプレジデントである田中京は、次のように付け加えています。「お客様へのサービスの改善に引き続き努力します。常にお客様を最優先にしています。」

米国が全国最低賃金を持っていた場合はどうなりますか?

今週の金箔時代のエピソード、「貧困の50年」は、19世紀末から1930年代までのアメリカの労働運動についての議論でした。これは、1894年に職を辞めた繊維労働者から1919年に襲った鉱山労働者まで、アメリカの偉大な労働運動の時代でした。UMWA(United Mine Workers of America)はその1つであり、国家のリーダーシップでした1936年に最初のストライキを引き起こしました。

「アメリカ労働組合は、現代アメリカ労働運動の形成に大きな影響を与えました」と、大恐pressionの著者である歴史家のロバート・ブレナーは述べています。組織の社長であるサミュエル・ゴンパーズはニューディールのアーキテクトになり、1930年代に連邦政府の最低賃金の作成も支援しました。

今日の考察/それってコロナ対策…? 佐賀県、交付金で「宇宙を知る展示」や電光掲示板 - 毎日新聞http://www.mainichi.co.jp/english/feature/20120209/en/index.html 埼玉...

1935年12月31日の夜、Gompersは他の労働指導者との手紙に署名し、週40時間の連邦最低賃金1時間あたり0.40ドルを要求しました。この手紙はUMWAを含む100以上の組織によって署名され、1938年に米国で連邦最低所得が法制化されました。

しかし、組合は0.40ドルに満足していませんでした。彼らは1時間あたり0.60ドルを望んでいました。これは1938年の公正労働基準法の下での最低賃金でした。その法律は労働者に生計を支払わせることを保証するために作られました

※この考察はフィクションであり、実在する、人物・地名・団体とは一切関係ありません。

この考察の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい

今日はこのテーマで考えてみようと思います。

米大統領選、「当選可能性」で浮上したブティジェッジとクロブシャー:日経ビジネス電子版
business.nikkei.com


Photo by Mapbox

今日の考察/加藤長官「全く受け入れられない」 中国外相の尖閣「偽装漁船」発言  - 産経ニュース日本が「統合攻撃戦闘機」とF-35爆撃機に参加するために軍用空母を「東シナ海」に派遣したので、緊張は金曜日に島々で高まった。 東シナ海...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です