考察

今日の考察/第2便帰国者199人、ようやくの帰宅へ施設を出る(20/02/14) – YouTube

VADMの詳細については、http://www.dvidshub.net/story/252715/david-cameron-interviewをご覧ください。

多くの人が、なぜ実際の着陸をカバーしないのかと私に尋ねてきました。結局のところ、非常に技術的な答えになる可能性のあるものに行き詰まりたくありません。それは良い質問であり、私は何度も熟考しました。

答えは、着陸は本当に私の最初の選択ではなかったということです。軍のパイロットとして、飛行機を着陸させるのではなく、crash落を避けることが私の仕事でした。そのため、「着陸する必要があります」という電話を受けたとき、選択できる選択肢は非常に限られていた。私の最初の選択は、畑や駐車場、または高地に着陸してから着陸することでした。これらのオプションはどれも命を救うのに理想的ではありませんでした。

2つのオプションから選択する必要がありました。 1つは、エンジンを停止する前に着陸し、滑走路まで少し歩くことでした。私の2番目の選択肢は、航空機を滑走路にまっすぐ下ろしてから着陸することでした。それが私が下した決定でした。まっすぐ飛んだ。私はゆっくりと滑らなかった。飛行機を着陸させました。

それが物語です。私はあなたに何が起こったのかについてもっともっと伝えたいと思っていますが、そうするつもりはありません。私が何をしたかはお伝えできますが、何が起こったのか詳細をお伝えすることはできません。軍はそれらの詳細を公表していないからです。

ただし、実際の着陸ビデオのコピーがあります。

今日の考察/Go To トラベル、札幌市と大阪市出発分も利用自粛呼びかけ - TRAICY(トライシー)2015年3月7日、警視庁刑事部捜査一課の審問委員会は、エアアジア・ジャパンの最高経営責任者に、エアアジアがバンコクからシンガポールに向...

KC-46Aの乗組員と、それを可能にしてくれたパイロットとエンジニアに感謝します。

実際の着陸ビデオのコピーがあります。

これはKC-46A航空機です。

実際の着陸ビデオは次のとおりです。

ここに私の目の前に座って本当に奇妙に見えます。しかし、そうではありません。実際には非常に簡単なプロセスです。それは実際にはかなりの成果でした。

ビデオを見ると、ジョイスティックを使用していることがわかります。ラダーペダルを使用して、飛行機を着陸させることができませんでした。そして、ご存知かもしれませんが、私は航空機から数千ポンドの負荷を取り除いていました。飛行機は私なしで飛んでいた。

着陸に関しては、選択肢が非常に限られていた。私は一つのことをしなければなりませんでした:私は着陸しなければなりませんでした

※この考察はフィクションであり、実在する、人物・地名・団体とは一切関係ありません。

この考察の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい

今日はこのテーマで考えてみようと思います。

第2便帰国者199人、ようやくの帰宅へ施設を出る(20/02/14) – YouTube
www.youtube.com


Photo by Menage a Moi

今日の考察/Go To トラベル、札幌市と大阪市出発分も利用自粛呼びかけ - TRAICY(トライシー)2015年3月7日、警視庁刑事部捜査一課の審問委員会は、エアアジア・ジャパンの最高経営責任者に、エアアジアがバンコクからシンガポールに向...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です