考察

今日の考察/「カオス」「第2の感染中心地」 日本のクルーズ船対応に非難相次ぐ(1/2ページ) – 産経ニュース

数日前、ジャパンタイムズには大きな話がありました。記事は、ジャパンタイムズがクルーズ船の世界での最近の事件について「論争の的」な部分を実行していると述べました。この記事は「カオス」と呼ばれるべきであり、これについての物語であった。つまり、クルーズ船に関する記事であり、クルーズ船が引き起こす混乱についての記事でした。 Japan Timesは、クルーズ船やクルーズ船、クルーズ船で多くの作品を扱っていることで知られている大手新聞の1つです。

この記事は11月4日のジャパンタイムズに掲載されました。この記事は「日本のクルーズ船のカオス」と呼ばれていました。 「論争の的」なもののいくつかを次に示します。

「第10日の甲当の日常」誰も「福島第一原子力発電所の事故から10周年を迎えた日本は、日本の環境に打撃を与えているクルーズ船に対する新たな抗議行動によって特徴付けられました。」 「野小へのページ、発石でページは短編に行った事であり、その男性がやっている」 『今年のクルーズ船は、大量のプラスチック廃棄物が海に投棄されているため、問題を引き起こしている日本企業は安い旅行と可処分所得を利用している 』

ご覧のように、この記事はクルーズ船に関するものであり、これが原因でトラブルに巻き込まれることについてです。記事によれば、クルーズ船は問題を抱えています。日本人、クルーズ船です。記事は続けて、「あなたが知っておくべきことの一つは、最大の懸念は一般的な損害ではないことです。クルーズ船は自然の発展と環境の邪魔をしているだけです。今年、日本政府はクルーズ船が出荷するコンテナごとに150万円(14,000米ドル)の税金を支払うようにするなど、すべての船に影響する不人気な措置

※この考察はフィクションであり、実在する、人物・地名・団体とは一切関係ありません。

この考察の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい

今日はこのテーマで考えてみようと思います。

「カオス」「第2の感染中心地」 日本のクルーズ船対応に非難相次ぐ(1/2ページ) – 産経ニュース
www.sankei.com


Photo by Travis Estell

今日の考察/「桜を見る会」前夜祭問題が「選挙違反」と言われない理由と、今後の見通し(大濱崎卓真) - 個人 - Yahoo!ニュースなぜこんなことを言うかというと、夏場に市内の多くの人が外出しないのは、市内の花見パーティーのような活動があまりないからだと思っていた時期...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です