考察

今日の考察/新型肺炎、日本縦断「感染爆発」警戒! 専門家「現時点で数千、数万人いてもおかしくない」 ウイルスをばらまく「スーパースプレッダー」出現も(夕刊フジ) – Yahoo!ニュース

なんと悲劇か、これは世界の終わりではなく、もっと深刻なものになるでしょう。

「東京までずっと、数え切れないほどの人がウイルスに感染しており、路上で金をbeいている人もいれば、病院で治療を受けている人もいます。さらに多くの人が個人診療所に通っています。この病気にかかっています。」 「多くの人は、この病気が自分に起こる可能性があることに気づいていませんが、高熱と下痢を発症し、寝床に置かれたり、入院さえする人を見てきました。人々が2回それを持っていることは珍しいことではありませんが、病院や診療所が膨大な数の症例を報告しているため、何が起こるのか自問することはできません

「キス、食事、セックスなどで感染する恐れがあるため、自分がこの病気に感染していることに気づかない人が多い。だから、熱を持って病院に行くと、彼らが回復するまでベッドで休む。それはしばしば治療を遅らせ、それは致命的となりうる。 —博士。清水健

肺炎はその年で最も一般的な感染症の1つであり、2012年には日本で530万件の感染が報告されています。

長い間、日本の医師は全国で「感染の爆発」の流行を警告してきました。一部の人々、特にホームレスの人々と定期的に交流する人々は、特に影響を受けています。

そして、まだまだあります。

「肺炎やその他の呼吸器疾患の症例は、日本でこれまでに報告された件数よりも多く、さらに悪化するだけです。これは、このような最初の流行であり、肺炎が何世紀にもわたって問題となっている国では、人々はパニックに陥ります。」 「これが起こった理由を誰も説明できなかったのは謎です」

今日の考察/コロナワクチンの接種状況、マイナンバーとひも付け 国が新システムを構築へ - ITmedia NEWSCBS) - ニューヨーク市は、患者が特定の心臓スクリーニング検査を受ける資格があるかどうかを簡単に知ることができるようになるかもしれま...

日本ではこれをよく耳にします。

東京医科大学の研究者による最近の研究によると、日本の人口は現在肺炎の劇的な急上昇を経験しています。

研究者は、2000年から2012年の間に、日本の成人の肺炎の発生率がほぼ3分の1増加したと推定しています。その間、症例の総数は40%以上増加したと推定されています。

この国で肺炎が増加したのはこれが初めてではありません。 1960年代、肺炎の発生率は日本ではるかに大きかった。

※この考察はフィクションであり、実在する、人物・地名・団体とは一切関係ありません。

この考察の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい

今日はこのテーマで考えてみようと思います。

新型肺炎、日本縦断「感染爆発」警戒! 専門家「現時点で数千、数万人いてもおかしくない」 ウイルスをばらまく「スーパースプレッダー」出現も(夕刊フジ) – Yahoo!ニュース
headlines.yahoo.co.jp


Photo by ER’s Eyes – Our planet is beautiful.

今日の考察/東京都議選、7月4日投開票 小池氏勢力の過半数焦点:時事ドットコム月7日の東京市長選:小池氏が初の東京訪問 時事ドットコムItemTracker 東京都の都議選。選挙の重要な関心事 時事ドットコムIt...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です