考察

今日の考察/加藤厚労相“国内で流行”事実上認める|日テレNEWS24

米軍がさらに数千人のアメリカ軍を日本に派遣する準備をしているので、日本のビジネスリーダーは、彼らがアメリカ国民による反発を心配していないと言います。

「そのような問題があれば、もっと多くのアメリカ人がここに来ていただろう」と東京の強力なロビー活動グループである日本商工会議所の加藤明彦スポークスマンは語った。 「私たちは、両国間の関係が非常に特別になることを理解する必要があるので、問題はありません。」‬

加藤氏は、日本は米国と中国の関係を強化したいが、独立した外交政策を追求すると述べた。

「私たちは小さな国ではなく、小さな市場でもありません」と彼は言いました。 「他者に支配されることに興味はありません。」

加藤氏は、政府が直面している最も重要な政策決定は、イスラム国家に対する空爆で米国に参加するかどうかであると述べた。

「米国に対する軍事的脅威になりたいという望みはない」と彼は言った。 「私たちは政治に関与するつもりはありません。」

「我々は強力な国になるだろう」と強力な軍隊で、彼は言った。

加藤氏は、紛争の島々をめぐる紛争を含む「これらの紛争の平和的な解決」を望んでいると述べた。

「非挑発的な国になりたい」と彼は言った。

今日の考察/韓国済州道知事「福島汚染水放流すれば韓日の法廷に訴訟提起する」(中央日報日本語版) - Yahoo!ニュース15時50分:日本の新しい映像。 原子力発電、日本の「核爆弾」。 3:42pm: 日本の原子力監視委員長は、災害を封じ込めることは可能...

加藤氏は、日本企業はその地域でアメリカの軍事活動の増加によって傷つけられている日本企業との深いつながりを心配していないと述べた。

彼は、日本がNATOに参加したとき、「中東欧諸国を支援するために」同盟に参加したと述べた。

「現状に変化がないことを理解しなければならない」と彼は言った。 「私たちは日本とその同盟国を支援し続けます。」

加藤氏は、来年の米国の軍事援助は約100億ドルになると予想していると述べた。

「しかしこれは新しいことではない」と彼は言った。

加藤氏は、遡及的ではないという事実にもかかわらず、昨年、日本に追加の米軍を配備するという合意が達成されると信じていると述べた。

「どれだけ多くの米国軍が日本に送られても問題はないだろう」と彼は言った。

彼は、日本政府がUの懸念にうまく対処できると考えていると述べた。

※この考察はフィクションであり、実在する、人物・地名・団体とは一切関係ありません。

この考察の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい

今日はこのテーマで考えてみようと思います。

加藤厚労相“国内で流行”事実上認める|日テレNEWS24
www.news24.jp


Photo by André-Pierre

今日の考察/社民、分裂へ 立憲合流で離党容認:時事ドットコム憲兵隊、与党連合の分裂にもかかわらず結束を急ぐ 共同 角栄。 首相が提案した内閣案を支持しない 毎日新聞 安倍首相、月曜に新内閣案を...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です