考察

今日の考察/マレーシアに再検討要請 船舶乗客感染でカンボジア – 産経ニュース

シンガポール-推定1,600人の乗客は、タイから到着したフェリーに乗った少なくとも200人の乗客に感染した胃腸疾患の影響を受け、別の1,000〜1,500人の乗客は、少なくとも150人の乗客に感染した胃腸疾患の影響を受けますフィリピンから出発した旅客フェリー。

病気は食物または水を介して感染し、水を消費して感染した2人の患者は国立熱帯公衆衛生研究所で治療されています。

水消費を通じて消化器疾患にかかった2人の乗客は病院から退院し、家に戻った、と保健省のスポークスマンKhairina Hamzahは月曜日のクアラルンプールでの記者会見で述べた。

彼女は、2人の犠牲者は現在安定した状態にあると付け加えました。

マレーシアの報道機関ベルナマが月曜日に報告した、乗客フェリーで報告された最初のケ​​ースです。

約1,000人の乗客を乗せていたこの船は、日曜日にジョホールバル港を出港しました。フェリーは月曜日の朝にシンガポールに到着する予定でした。

同省は、病気を広めた病原体の痕跡を確認するために、乗客の書類を直ちに再検査するよう求めています。

船の船長であるタン・メン・キオンも彼の位置から降ろすように命じられました。

今日の考察/大阪都構想、前回世論調査から僅差で賛否逆転 反対43・6%、賛成43・3% - 毎日新聞"これまで何度も言ってきたように、今は東京が軽率な動きをしている場合ではない。 慎重になる必要がある」と橋下徹市長。 "都民は変化に投...

マレーシアの警察は、事件を調査するための特別委員会を設置しました。報道機関は、今月、旅客フェリーで3番目の事件であると報告しました。

感染した乗客は国立大学病院の国立熱帯公衆衛生研究所に運ばれた、とKhairinaは述べた。

最初の2つの症例は、タイ南部のプーケットからシンガポールに向かう2つの旅客フェリーで8月31日と9月4日に報告されました。

病気のフェリーの乗客の1人はH5N2鳥インフルエンザウイルスに感染していることがわかり、もう1人はH7N9鳥インフルエンザウイルスに感染していることがわかりました。

H5N2鳥インフルエンザの亜種は病気のタイのフェリーで少なくとも50人の乗客に感染し、H7N9鳥インフルエンザの亜種は少なくとも28人の乗客に感染した、と同局は報告した。

2つのウイルスは乗客の食物、水、空気に伝染し、乗組員によって旅客フェリーに運ばれた可能性が高いとベルナマは報告した。

多くの人がこの世界で苦労しています

※この考察はフィクションであり、実在する、人物・地名・団体とは一切関係ありません。

この考察の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい

今日はこのテーマで考えてみようと思います。

マレーシアに再検討要請 船舶乗客感染でカンボジア – 産経ニュース
www.sankei.com


Photo by Sally T. Buck

今日の考察/京都の感染8人、女性会社員ら入院 新型コロナ、23日発表|社会|地域のニュース|京都新聞ナイジェリアで保健ワーカーの間でエボラ感染が2例確認された。 ボスニア ギニアでエボバンの疑いがある2例。 エボラウイルス病(EV...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です