考察

今日の考察/内閣支持、急落41%に 桜を見る会「説明不十分」84.5% 共同通信世論調査 – 毎日新聞

この調査は、2006年春に東京大学国際文化学部によって、どちらの方向にも+/- 3.5%の誤差で行われました。

-調査は、東京都教育庁、東京都、東京都、東京都大学によって実施されました。 -調査は、3つの大都市圏で18歳以上の2,000人の成人を対象に実施されました。英語で行われました。 -インタビューの結果は、3つの大都市圏間でのサンプル人口統計の既知の変動、および東京の4つの地域間での世帯構造の既知の変動を考慮して重み付けされました。

-調査は、東京都教育庁、東京都、東京都大学によって実施されました。

-サンプルは、母集団を代表するように重み付けされました。

-調査は、いずれの方向でも+/- 3.5%の誤差範囲で実施されました。調査は、東京都教育庁、東京都、東京都大学が実施しました。

-調査が平均から2標準偏差よりも高い結果を報告した場合、調査は報告に報告されませんでした。これらは小さなエラーと見なされます。

がんを治療し、生活の質を改善する新しい方法の物語、

ヒト成長因子と呼ばれる特別に設計されたタンパク質を使用することで、この治療法は臨床試験で安全かつ効果的であることが示されています。

今日の考察/菅首相、GoToトラベル「しかるべき時期に再開」1兆円を予算計上:東京新聞 TOKYO Web首相はまた、近いうちにGoToトラベルサイトのオープンを発表する準備があると述べた。 計画は、観光客がデジタルチケットで部屋を予約し、...

このブレークスルーは治療法に発展する可能性がありますが、最初に、より高価な臨床試験で改善する必要があります。

BBCニュースによると、治療の背後にいる研究者の1人はジョンマーティン博士で、彼はペンシルバニア大学のPenn-HIPのコンサルタントでもあります。

「数十年で最大の臨床的成果」と言われているこの試験では、実験室で8種類のがんを治療するためにヒト成長因子を使用しました。

1人の患者、40歳の男性は、タンパク質で治療されました。患者が研究の第一段階で治療されたとき、癌は彼の体の他の部分に広がっていませんでした。

次のフェーズでは、一部の癌に対して効果が低い別のコンポーネントを使用しました。

成長因子を他の治療と組み合わせて使用​​できるかどうかを確認するために、来年別の試験が実施されます。

マーティンと彼の同僚は、がん治療の目標を達成する前に、さらに多くの研究が必要であると考えています

※この考察はフィクションであり、実在する、人物・地名・団体とは一切関係ありません。

この考察の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい

今日はこのテーマで考えてみようと思います。

内閣支持、急落41%に 桜を見る会「説明不十分」84.5% 共同通信世論調査 – 毎日新聞
mainichi.jp


Photo by Catedrales e Iglesias

今日の考察/首相、コロナ対応は“低姿勢”に転換 「政治とカネ」では素っ気なく 予算委 - 毎日新聞安倍首相は、故・博仁氏の国葬問題について、今後は「目立たない」アプローチを取るという。 木曜日、安倍首相は、ヒロヒトを国立墓地に埋葬す...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です