考察

今日の考察/都が新たに5人の感染発表、屋形船の新年会参加者や接触の医師ら : 国内 : ニュース : 読売新聞オンライン

今日の日本の新聞は、日本で5人が腺ペストの確定例を持っていたと報じた。

新聞は、患者が発熱し、12月27日に横浜と福岡の病院に入院したと述べた。

5人全員がペストにかかった人々と接触しており、全員が入院していました。

新聞は、この事件は12月6日以来、船上のノミの間で循環しているペストの緊張によって引き起こされた可能性があると付け加えた。

新聞は、読売市警察の宮古茂樹警察署長が、3人の患者が12月26日に横浜でボートに乗った新年会のメンバーだったと言ったと述べた。

ボートの4人目は医者で、5人目の患者はハウスボートの所有者でした。

5人目の患者は、12月18日に大阪でボートからペストを初めて捕まえたと言いました。

新聞は、患者は安定した状態にあると述べた。

今日の考察/英国流行変異ウイルス 静岡の3人感染確認 市中感染か 厚労省 | 新型コロナウイルス | NHKニュースH7N9ウイルス感染者3名(全日本 2014年2月12日~21日に静岡県の市町村から新たにH7N9(おたふくかぜ)の患者3人が報告され...

読売新聞オンライン

ひろ

背が高く、薄く、何ヶ月も洗われていないように見える青灰色の肌をしていると、ウラジミール・プーチンを若いKGB役員として知り合った男は嫌なキャラクターになると想像するかもしれません。

しかし、実際には、アレクサンドル・ホドルコフスキーは長年にわたって頑固なプーチン同盟国であり続けました。かつてソビエトの反体制派が、かつて軽deしていたロシアの強豪を喜んで受け入れる稀なケースです。

今、ホドルコフスキーが2016年の米国選挙でロシアの干渉をめぐる国際的な行の最前線にいるように、ロシアの上級情報機関によると、KGBの彼の元同志は、元オリガルヒを信用しないクレムリンのプロットについて独自の主張をしている公式。

「クレムリンはしばらくの間これを検討してきたが、intelligence報機関の特定のセグメントが存在することを認めるのにこれほど時間がかかったことに驚いた」と当局者はデイリー・ビーストに語った。 「これを聞いたのは初めてです。」

クレムリンがロシアのいくつかのマスコミに起因すると主張されている主張は、クレムリンがかつてプーチンの内輪の一部であったロシアの最も著名なビジネスマンの1人であるホドルコフスキーに対するキャンペーンを立ち上げたときに来ます

※この考察はフィクションであり、実在する、人物・地名・団体とは一切関係ありません。

この考察の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい

今日はこのテーマで考えてみようと思います。

都が新たに5人の感染発表、屋形船の新年会参加者や接触の医師ら : 国内 : ニュース : 読売新聞オンライン
www.yomiuri.co.jp


Photo by flickr4jazz

今日の考察/自宅療養中に気付かず症状悪化も|NHK 首都圏のニュース処置 抗生物質 重度の大腸菌感染症の場合は、それ以上の感染を防ぐために抗生物質のコースを処方する医師もいます。抗生物質の種類と投与量...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です