考察

今日の考察/クルーズ船 新たに70人感染 “新型コロナ”拡大続く – FNN.jpプライムオンライン

国の政府によると、致命的なエボラウイルスの最初の波は現在、カリブ海のマルティニーク島を襲っています。最初に確認された致命的なウイルスの伝播は、マルティニーク島とフランス領グアドループにありました。 2つはフランスのカリブ海諸島グループの一部であり、2つの国は共通の国境を持っています。

マルティニークの保健大臣マリソル・トゥレーヌは、「今日、政府は、ギニアとシエラレオネからマルティニークに旅行することができなくなったことを政府に確認している」と確認した。

マルティニーク州政府は、感染者を医療センターに連れて行くよう努めていますが、「この目的のために家に送ることはできません」とトゥレーヌはマルティニークの記者団に語った。 「だから、両国の医療従事者と専門家が患者を治療する最善の方法について話し合い、同意するのを待つつもりだ。」

トゥレーヌは、世界保健機関(WHO)から「今年これまでにマルティニークでエボラが確認された最初の症例である」と彼女の政府に言われたと述べた。彼女はまた、感染者が非ヨーロッパ国民であることを確認しました。

大臣は、その人は「エボラ患者の治療センターで働いていた看護師」だと言った。看護師の夫は最近入院しており、男性は治療中にベッドにいた。

「看護師の1人は(火曜日)朝、仕事に行かなかった。彼女は夫のことを心配していたからだ」とロイネ氏は語った。 「彼女は病院のスタッフに、患者から離れたくないと言い、他の患者がエボラに感染するのではないかと心配しました。」

エボラウイルス病は、感染した人の体液との接触によって伝染します。 WHOは、この病気に対する特定の治療法はないと指摘しています。

今日の考察/札幌市と大阪市が目的地の旅行、Go To トラベル対象外に - TRAICY(トライシー)これは初めてのことで、どう受け止められるかわかりませんが、旅そのものの話ではありません。旅行のことであって、いつまでガマンを我慢するかと...

マルティニークは、病気のspread延を食い止めるために取り組んできました。先週、フランス領の政府は、エボラ出血熱の発生を宣言し、グアドループに健康危機センターを設立しました。 7月下旬、フランス政府は、ウイルスの犠牲者を特定して隔離するために特別に訓練された数人の兵士を含む部隊を含む軍人を配置しました。

フランス政府は、地域の人々に自発的に互いから隔離し、頻繁に手を洗う、病気の人との接触を避ける、すべての可能な出入口をカバーするなどの予防措置を取るように促しています。

7月下旬、フランスとマルティニークは、この病気のagainst延との戦いに協力することで合意しました

※この考察はフィクションであり、実在する、人物・地名・団体とは一切関係ありません。

この考察の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい

今日はこのテーマで考えてみようと思います。

クルーズ船 新たに70人感染 “新型コロナ”拡大続く – FNN.jpプライムオンライン
www.fnn.jp


Photo by UK in Austria

今日の考察/大阪、過去最多の490人感染 新型コロナで4日連続更新、東京上回る 前日に続き400人超 - 産経ニュース"東京では感染が続いていますが、大阪ではチフス熱の症例が多く報告されています。チフス熱の症例がどのようにして感染しているのかは不明。ただ...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です