考察

今日の考察/西日本は今夜が大雪ピーク 北陸も積雪の急増に警戒 – ウェザーニュース

実際、日本の西部地域では多くの雪が降っています。北陸では、今年の7月下旬から8月下旬までのハイシーズン中に、市内の1〜2 cmを含む10〜20 cmの雪が降るでしょう。また、北陸市は7月下旬から8月上旬に降雪で7〜10 cmの雪が降るように設定されており、北海道だけが雪が増えています。北海道は今年8月から9月にかけて初めて大雪が降り、北陸が続くはずです。

北陸の雪はとても新鮮ですが、北陸史上最悪の天気ではありません。 2005年に、市は11 cmの降雪を経験しました。今年の降雪はこの地域ではまだかなり新鮮ですが、市が見ている雪が最大の問題を引き起こしています。これは北陸の最悪の冬と呼ばれています。

北陸の雪は、雪崩のリスクが高い、雪崩のリスクが低い、雪崩のリスクが非常に低い、雪崩のリスクが非常に高いという4つの主要なカテゴリに分類できます。最も高いリスクは、低雪崩リスクです。それは、ここの雪が非常に新鮮で寒いためであり、問​​題を引き起こしているのは雪ではないからです。

現時点では、市は雪崩のリスクが非常に低いことを懸念していますが、これが今後2週間続くのか、それともその後になるのかは不明です。

2番目に高いリスクカテゴリは、非常に低い雪崩リスクです。リスクが非常に高いため、市の対応チームは一般市民への警告を開始しました。現時点では、最も危険な地域に住んでいる人だけに警告していますが、これは都市に住んでいるすべての人を含むように拡張できます。

非常に高いリスクカテゴリには、10月30日にすでに2回発生した非常に高い雪崩リスクがあります。当時は負傷者はいませんでしたが、2005年以来、市は都市の一部を閉鎖する必要がありました。非常に高い雪崩リスク。

今日の考察/青森県内コロナ感染、新規6人、累計149人に|行政・政治・選挙|青森ニュース|Web東奥日本最北の県の一つである青森県では、2016年10月にウイルスが初めて検出されて以来、146例の報告があり、2016年11月からは159...

3番目と4番目に高いカテゴリは、低(6〜10 cm)および中(2〜5 cm)なだれリスクです。市の対応チームは読売新聞に、このカテゴリーの雪はさほど新鮮ではなく、問題を引き起こしているのは雪だからリスクがより深刻だと語った

※この考察はフィクションであり、実在する、人物・地名・団体とは一切関係ありません。

この考察の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい

今日はこのテーマで考えてみようと思います。

西日本は今夜が大雪ピーク 北陸も積雪の急増に警戒 – ウェザーニュース
weathernews.jp


Photo by rocbolt

今日の考察/札幌で最多46人感染 芸能事務所でクラスター「メンバー体調不良でもイベント」 - 毎日新聞16:50 UTC. 東京消防庁は、被災地に避難していた人たちの説明を確認しました。 彼らは安全な場所にいて、雨から避難している。 1...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です