考察

今日の考察/新型コロナウイルス感染、東京の発生状況は? 【現状まとめ】 | ハフポスト

2015年3月19日6:34 AMに投稿•57コメント

ホワイトハウスとペンタゴンは、イスラム国家の「較正」の規模と、イラクとシリアでの自己宣言されたカリフ制の外に拡大したかどうかについて、より適切に対処するために取り組んできました。

しかし、ニューヨーク・タイムズの新しい報告書は、オバマ政権が過激派グループが支配するために残した領土の量を把握するのに苦労していることを示唆しています。当局は拡大のより良い指標を探しています。カリフ制であった地域に何人が住んでいるのか正確に言うことができないため、拡大は困難です。イスラム国家は、他の州。しかし、専門家と当局者は、2014年6月にカリフ制を宣言して以来、イスラム国家の領土が大きく成長したことに同意しています。

イスラム国家が発表された数日後、米国の最高軍事当局者は、自国の軍隊に圧倒される危険があると警告し、オバマ政権はそれについて何をすべきかを突き止めました。米国防総省は、地元の「中程度の」シリア反政府勢力を訓練および武装させるプログラムを開始しました。また、CIAは少数のシリア野党戦闘機の訓練も行っています。

しかし過去6か月間、オバマ政権はシリアの反政府勢力の訓練と装備の努力をほとんど放棄しました。これは、一部にはホワイトハウスがプログラムのパートナーを見つけるのに苦労しているためです。反逆者は、CIAが訓練中の反政府勢力を詳しく調べるのが難しいためです。たとえば、CIAはイスラム国が武器を提供した近隣のヨルダンのCIA基地を占領することを防ぐことができませんでした。

現在、ニューヨーク・タイムズは、ペンタゴンがイスラム国家の領土が拡大した場所についてより良い対応を試み始めたと報告しています。

今日の考察/社民、分裂へ 立憲合流で離党容認:時事ドットコム憲兵隊、与党連合の分裂にもかかわらず結束を急ぐ 共同 角栄。 首相が提案した内閣案を支持しない 毎日新聞 安倍首相、月曜に新内閣案を...

米国防総省は、中東を担当する米国中央司令部を含むintelligence報コミュニティと緊密に協力しています。これを行うために、ペンタゴンは中央司令部および他の米国軍の命令と協力して、イスラム国の領土からシリアとイラクへの戦闘機の流れを分析しています。その結果、当局は、イスラム国家がさらに西に拡大する能力を持ち、軍がその領土からのより多くの難民に対処する準備をしなければならないことを懸念している

※この考察はフィクションであり、実在する、人物・地名・団体とは一切関係ありません。

この考察の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい

今日はこのテーマで考えてみようと思います。

新型コロナウイルス感染、東京の発生状況は? 【現状まとめ】 | ハフポスト
www.huffingtonpost.jp


Photo by Billy Wilson Photography

今日の考察/青森県内コロナ感染、新規6人、累計149人に|行政・政治・選挙|青森ニュース|Web東奥日本最北の県の一つである青森県では、2016年10月にウイルスが初めて検出されて以来、146例の報告があり、2016年11月からは159...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です