考察

今日の考察/日本の「新型肺炎」感染拡大を懸念する韓国がまだ「強硬手段」に訴えない理由 | 木村幹 | コラム | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト

1.10.2014

日本政府は、致命的なウイルスの世界最大の生産国の1つになった国内での中東呼吸器症候群(MERS)の発生を制御できませんでした。

世界保健機関によると、中東呼吸器症候群コロナウイルス(MERS-CoV)は、サウジアラビアで最初に発見されて以来、世界13か国で1,000人以上に感染しています。このアウトブレイクは、医療従事者への急速な広がりを特徴としており、14か国で約80症例が確認されています。

流行は日本にも広がっており、政府はこの病気のspread延を食い止めるために苦労しています。

日本の保健省は最近、病気のためにいくつかの公衆衛生活動を停止することを余儀なくされています。本日発行された記事で、ジャパンタイムズは、政府がウイルスとその病原体に関する十分な情報を取得できなかったため、政府が効果的な検疫キャンペーンを実施できなかったと述べていると日本の当局者を引用しています。

記事によると、政府はまだ発生の封じ込めに失敗する恐れがあるため、検疫などの「強硬な手段」に頼っていません。

ジャパンタイムズはまた、最新の症例は最初の病気の人、1月11日にサウジアラビア王国から日本に旅行していた28歳の男性と接触した人たちの中にあると報告しています。

この流行により、一部の政府関係者は、病気を広める可能性がある中東諸国からの旅行者の監視を強化するよう求めています。

今日の考察/青森県内コロナ感染、新規6人、累計149人に|行政・政治・選挙|青森ニュース|Web東奥日本最北の県の一つである青森県では、2016年10月にウイルスが初めて検出されて以来、146例の報告があり、2016年11月からは159...

Japan Timesの記事によると、MERSと中東呼吸器症候群コロナウイルスはどちらも呼吸器ウイルスであり、いくつかの性質を共有していますが、MERSはより深刻なケースです。しかし、この新しいウイルスは、2003年にアジアで重度の急性呼吸器疾患を引き起こしたSARSウイルスに似ています。

新しいウイルスは他の国では検出されていませんが、2004年に感染した中東の旅行者によって日本に持ち込まれた可能性があると考えられています。

2004年、MERSは、カタールから日本へのフライトでマレーシアに旅行した中東の男性で発見されましたが、2010年まで特定されませんでした。これにより、日本で最初のMERS症例が発生しました。

日本政府はこれまでのところ、他の中東の旅行者がウイルスを国内に持ち込んだ可能性を排除することを拒否しており、ウイルスの起源を確認することができていません

※この考察はフィクションであり、実在する、人物・地名・団体とは一切関係ありません。

この考察の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい

今日はこのテーマで考えてみようと思います。

日本の「新型肺炎」感染拡大を懸念する韓国がまだ「強硬手段」に訴えない理由 | 木村幹 | コラム | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト
www.newsweekjapan.jp


Photo by Discover Waikumete Cemetery

今日の考察/大阪都構想、前回世論調査から僅差で賛否逆転 反対43・6%、賛成43・3% - 毎日新聞"これまで何度も言ってきたように、今は東京が軽率な動きをしている場合ではない。 慎重になる必要がある」と橋下徹市長。 "都民は変化に投...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です