考察

今日の考察/「桜」前夜祭「首相が答弁した通り」繰り返し 「一つ一つ丁寧に説明していく」菅氏会見詳報 – 毎日新聞

「私はここで首相官邸に来て、あなたが少し前に私に尋ねた質問について話し合いました。首相は私に、2年の休暇の問題は彼と解決したと言った」

それは嘘とは思えない物語でした。スガシは2002年の選挙後、首相官邸を定期的に訪問していた。首相との毎週の会合に加えて、スガシは首相官邸での夕食への招待状を何度も受け取った。 2005年1月、菅は首相官邸での夕食会に招待されました。 2009年に与党自民党の大統領になった首相の娘、チカコは、当時の政党の政務を担当していた。スガシは、招待状を受け取った多くの自民党員とともに夕食に出席した。総理大臣と他の多くの自民党関係者が出席した夕食会は、首相が自民党とそのメンバーを受け取るチャンスでした。自民党は、第二次世界大戦の終結以来、日米同盟の当事者となっています。自民党が反対した2008年11月、首相は記者団に対し、政府の政策変更の主な理由の1つは、1960年代および1970年代に日本会が使用していた「分割統治」戦術を避けることであると述べた。 「私たちの戦略は、米国との協力を維持し、欧州連合を含む他の国々とも協力することです。」彼は自民党と米国との「特別な関係」に言及した。ごく最近、自民党は米国との「特別な関係」のアイデアを推進している。

「しかし、首相は、彼は参謀長から、米国との「特別な関係」のようなものはないという発言をするように言われ、首相は彼に対する態度を変えるつもりはないと述べた米国彼は来年も引き続き米国を訪問すると述べた」

スガシのインタビューの主な前提と矛盾するのは「嘘」でした。スガシは首相自身によって夕食に招待されていました。スガシが休暇について尋ねたとき、スガシは休暇が原則として決着したと告げられ、彼は取り決めを変えることができなかった

※この考察はフィクションであり、実在する、人物・地名・団体とは一切関係ありません。

この考察の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい

今日はこのテーマで考えてみようと思います。

「桜」前夜祭「首相が答弁した通り」繰り返し 「一つ一つ丁寧に説明していく」菅氏会見詳報 – 毎日新聞
mainichi.jp


Photo by Matts__Pics

今日の考察/「何もしなければ不作為で政府は責任」 GoToを見直しに追い込んだ専門家の激論 - 毎日新聞なぜ公開採決をしないのか」-毎日新聞ヒロシ '国民投票を見たい' ~あるこさんの国民投票への視点 疑問は素朴なものです。震災から1年...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です