考察

今日の考察/検事長定年延長、法務省「解釈変更の日付証明できず」 衆院予算委 – 毎日新聞

安倍Shin三首相は、与党民主党の支持を必要とする国会を通じて日本の平和主義憲法の論議のある改正を推し進めようとしているため、安倍首相の政治的野望に打撃を与えました。

与党と安倍首相は、安倍首相が日本が戦争していない国から攻撃された同盟国を防衛するために法律を変更した後、憲法について行うことをめぐって激しい戦いですでにロックされています。しかし、平和主義憲法の解釈の変化は、昨年11月に日本の憲法の論争の再解釈の承認を求めた後、彼の2期目の任期の安倍首相の計画の最も議論の余地のある部分の一つである。最新の裁定は、安倍政権をさらに傷つける可能性があり、安倍政権は彼の政策への支持が歴史的な低迷に突入しているのを見た。

憲法改正に反対する与党は、この判決は「首相の憲法改正のビジョンに対する勝利である。それは首相と平和を愛する人々に対する勝利としか考えられない」と述べた。

しかし、憲法改正を支持する与党自民党(LDP)は、この判決を批判し、安倍首相は憲法改正のビジョンを十分に説明していないと述べた。

「自民党は、安倍政権の政策の基礎である憲法改正の与党の政策を損なうため、判決に深く悩まされている」と自民党は声明で述べた。与党は、判決にもかかわらず、「憲法改正を支持するために引き続き努力する」と述べた。

与党はまた、憲法を改正しようとすると述べたが、議会と協議する必要があるため、既存の法律を改正するためにすぐに動こうとはしなかった。与党はまた、国会で十分な支持を得られない場合、憲法改正により憲法を改正しようとする、と述べた。

自民党は、国会で十分な支持を得られない場合、憲法改正を通じて憲法を改正しようとすると述べた。与党は、判決にもかかわらず、「憲法改正を支持するために引き続き努力する」と述べた。

今日の考察/バイデン政権、国防長官不在の異例事態…選挙後の混乱で閣僚承認まだ1人 : 国際 : ニュース : 読売新聞オンライン日本の石破茂防衛大臣(元米国大使)は、国会で承認されたにもかかわらず、退陣する菅義偉政権の後任を交代させる人事の中で欠席したと、関係者が...

野党民主党(DPJ)は、与党が憲法の改正に反対する判決に従うべきだと述べた。

「今や、与党は、平和主義憲法の改正が国家安全保障の問題であることを明確に認めている。与党は、非常に重大な問題である独自の憲法を放棄する責任を負うべきだ」と民主党は述べた

※この考察はフィクションであり、実在する、人物・地名・団体とは一切関係ありません。

この考察の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい

今日はこのテーマで考えてみようと思います。

検事長定年延長、法務省「解釈変更の日付証明できず」 衆院予算委 – 毎日新聞
mainichi.jp


Photo by Angeles Chapter History Committee

今日の考察/河井案里被告に有罪判決 公職選挙法違反 東京地裁:朝日新聞デジタル"民主主義の原則を全く無視した選挙法違反の罪で、東京の裁判所は日本民主党の党首を有罪にしました。" 東京地裁の松井宏裁判長は2日、河合...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です