考察

今日の考察/東京都在住の50代女性の感染確認(共同通信) – Yahoo!ニュース

のどまたは鼻の粘膜の感染は、妊娠の最初の2か月間に起こり、生命を脅かす可能性があります。

子供や赤ちゃんの感染の兆候は、後年まで現れない場合があります。この状態は原発性呼吸器乳頭腫と呼ばれます。原発性呼吸器乳頭腫症は通常、妊娠中に診断されます。それは年少の子供よりも年長の子供と大人でより一般的です。この病気は子供の感染の一般的な原因ではないため、しばしば誤診されます。しかし、それは子供の感染の最も一般的な原因です。この形態の乳頭腫症は「非感染性」状態として分類されます。 「非感染性」とは、危険ではないことを意味します。しかし、それは成人の感染の一般的な原因です。病気を治すことはできませんが、制御することはできます。

乳頭腫は、鼻と喉の粘膜の上皮細胞に形成されます。鼻と喉の皮膚も影響を受けます。この病気は致命的ではありませんが、一緒に暮らすのは楽しいことではありません。通常、小児では診断されませんが、一部の成人では診断されています。病気の兆候は人によって大きく異なります。わずかな発疹しかない場合や症状がない場合もあります。その他には、発熱、悪寒、息切れ、寝汗などの重度の症状がある場合があります。この病気は通常、鼻からのどに広がります。この病気は伝染性であり、身体の他の部分に広がる可能性があります。乳頭腫症は体外から伝染することはありませんが、感染した粘膜との接触を通じて他の人に伝染する可能性があります。

乳頭腫症の症状がある場合、または子供が心配な場合は、できるだけ早く医師の診察を受ける必要があります。また、あなたの子供の医師に病気を報告する必要があります。

「やったことはわかっている」と彼女はワシントン・ポストのインタビューで言った。 「そして、私はあなたに正直になります。もし私が戻ることができれば、私はおそらく違うやり方をしたでしょう。」

彼女は、「私は自分自身について、そして私がそこにいてからホワイトハウスで働いてきた人々、そして今働いている人々について多くを学びました。」

今日の考察/米大統領選、トランプ氏大逆転か 世論調査「バイデン氏優勢」の“落とし穴” 反トランプの米CNNと保守系のFOXニュース、調査結果は正反対 (1/2ページ) - zakzak:夕刊フジ公式サイトフォックスニュース 世論調査:トランプ氏:45 CNNは トランプ:45 トランプ氏、討論会中にCNNが正しかったと発言 (Page...

トランプ夫人がウエストウィングで働いた経験について率直に言ったのはこれが初めてですが、彼女はスタッフの雰囲気について簡単に話しました。 「部屋にはたくさんのエネルギーがあると思います。

※この考察はフィクションであり、実在する、人物・地名・団体とは一切関係ありません。

この考察の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい

今日はこのテーマで考えてみようと思います。

東京都在住の50代女性の感染確認(共同通信) – Yahoo!ニュース
headlines.yahoo.co.jp


Photo by David J. Thomas

今日の考察/学術会議、年内に改革案 会長が井上科技相に伝達 - 産経ニュース2015年7月10日(水)日本学術会議の年末までの改革案は、科学技術分野での国際競争力を高めるとともに、国が高い水準の研究開発を維持でき...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です