考察

今日の考察/クルーズ下船者が感染 栃木の60代女性 待機終了後、新型ウイルス初確認(時事通信) – Yahoo!ニュース

保健省によると、このウイルスは「西ナイルウイルスと黄熱病ウイルスに似ています」。このウイルスは、日本で感染したクルーズ船の乗客で最初に発見されました。

保健省は声明で、このウイルスは現在、海底に200メートルの深さで存在していると述べた。

12月4日に日本から日本に旅行したクルーズ船の乗客は、12月7日にウイルスの症状を示し、入院しました。

「疑わしいように、患者は12月7日にウイルスの症状を示し、入院した」と保健省は述べた。

保健省は、ウイルスが輸入ウイルスであるか天然ウイルスであるかはまだ不明であると述べたが、フランスの国際研究所によって確認されたように、現在ウイルスは西ナイルウイルスの変異体であることを確認している。

同省は、調査を継続するために日本に職員を派遣したと述べた。

保健省は、患者の症状は西ナイルウイルス感染の結果である可能性があると述べています。このウイルスは鳥やダニに見られることが知られていますが、感染した鳥やダニに接触した場合にのみ人間に感染します。

保健省は、このウイルスが「ニパウイルス」と呼ばれる同様の動物ウイルスの日本での発生に関連する可能性があるかどうかも調査していると述べた。

今日の考察/京都の感染8人、女性会社員ら入院 新型コロナ、23日発表|社会|地域のニュース|京都新聞ナイジェリアで保健ワーカーの間でエボラ感染が2例確認された。 ボスニア ギニアでエボバンの疑いがある2例。 エボラウイルス病(EV...

保健省は、これまでにウエストナイルウイルス感染の兆候がある28人の乗客を確認したと述べています。

厚生省は、日本に西ナイルウイルスの新しい症例はないと言います。

保健省はまた、西ナイルウイルスと診断されていないが、関連するウイルスの兆候を示した2人のクルーズ船の乗客が、ウイルスの検査結果が陰性であることを確認しました。

保健省によると、日本政府はウイルスの起源を確立しようとしている。

保健省は、日本政府が早ければ来週から西ナイルウイルスの全国的なサーベイランスを開始すると述べ、3ヶ月間西アフリカに旅行しないように人々に求めています。

彼女が入ったときに最初にしたことは、彼女の体をよく見ることでした。彼女は美しい体を持つ美しい少女でした。彼女の腰は非常に平らであり、彼女の腰も非常にタイトでした。彼女は小さなお尻のリングで素敵な丸いお尻を持っていました。彼女の唇はわずかに分かれ、彼女の鼻はわずかに上を向いていました。彼女の顔の毛は非常に暗く、彼女の髪は非常に長かった。彼女の髪はポニーテールのようなきついポニーでした。彼女の足は美しく、彼女はとてもいい足でした

※この考察はフィクションであり、実在する、人物・地名・団体とは一切関係ありません。

この考察の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい

今日はこのテーマで考えてみようと思います。

クルーズ下船者が感染 栃木の60代女性 待機終了後、新型ウイルス初確認(時事通信) – Yahoo!ニュース
headlines.yahoo.co.jp


Photo by arbyreed

今日の考察/青森県内コロナ感染、新規6人、累計149人に|行政・政治・選挙|青森ニュース|Web東奥日本最北の県の一つである青森県では、2016年10月にウイルスが初めて検出されて以来、146例の報告があり、2016年11月からは159...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です