考察

今日の考察/安倍首相:新型肺炎「重要な局面」、25日にも対策基本方針を策定 – Bloomberg

日本の首相は、日本の戦時中の過去に対処する「重要な側面」が確立されたと言い、政府はこの問題に関する新しい政策を確立する予定であると政府高官は述べた。

「政府はこの問題に関する歴史的な問題として重要な新しい政策を確立しました」と名前を挙げないように頼んだ当局者は木曜日にロイターに語り、詳細を述べることを拒否した。

当局者は、安倍首相が金融会社のゴールドマン・サックスの最高経営責任者との会談で、政府が強制セックスや慰安婦」システム。

安倍首相のスガヨシヒデ報道官はゴールドマン・サックス会議へのコメントを拒否したが、政府は「こうした問題は歴史的研究を通じて対処されるべきだ」という方針を確立したと述べた。

スガ氏によると、この方針は「前政権が確立したものと非常に似ていた」。

政府の方針は「政府が謝罪の考えを受け入れるという意味ではない」と当局者は付け加えた。

関係者によると、この問題に関する新しいポリシーは「重大なステップ」であり、しばらくの間作業中です。

日本の主な野党である民主党は、安倍首相の政策変更は、12月の選挙に先立つ与党自民党(LDP)を後押しするための政治的策略であると述べた。

今日の考察/2021年の千葉県知事選挙 自民が鈴木大地氏の擁立を見送りへ - ライブドアニュース都知事選の一次投票を告示(その3) - Japan Times 共同 都知事選は権力闘争に発展する可能性が高い - Japan Tim...

「政策変更は、政治的圧力を作り出し、国会での反対を抑圧する試みです」と、日本の民主党のスポークスマンの中野no一はロイターに語った。

安倍首相は来年の参議院選挙で2期目を求めており、批評家は票を獲得するための政策を追求していると非難している。

安倍首相は、中国を含む日本の隣国から、日本の過去に立ち向かうことができなかったと批判されてきました。

日本のメディアは、戦時中の慰安婦の使用に対する謝罪を検討していると報告しています。メディアはまた、内閣の声明の草案が日本の外務省に日本の戦時史に対する「確固たる姿勢」をとるよう求めたと報じた。

報告書によると、声明は外務省に送られることになっていた。

内閣は、女性に対する可能な謝罪の詳細を研究するパネルを設置することを決定しました。

パネルには、村山富一と小泉純一郎の2人の元日本の首相と元外相が含まれます。

※この考察はフィクションであり、実在する、人物・地名・団体とは一切関係ありません。

この考察の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい

今日はこのテーマで考えてみようと思います。

安倍首相:新型肺炎「重要な局面」、25日にも対策基本方針を策定 – Bloomberg
www.bloomberg.co.jp


Photo by freya.moralesalbala

今日の考察/「重点化」が「ゲンテン化」? 首相、所信表明で複数箇所言い間違い  - 毎日新聞首相は アジア太平洋をあきらめるつもりはないが、自由貿易圏ではないという現実を無視するわけにはいかない。 首相:アジア太平洋をあきらめ...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です