考察

今日の考察/千葉の40代男性感染確認 発症後に広島、岐阜出張 – 産経ニュース

1 2 3 4 5 6 7次へ>>

新しい調査では、ミレニアル世代はクレジットカードを持つ可能性が古い世代よりもはるかに少ないことがわかりました。

CFPBが実施した調査によれば、連邦準備制度によって投票されたミレニアル世代のほぼ3分の1が、クレジットカードを持っていないことがわかりました。クレジットカードを持っている人は、過去12か月間に使用したクレジットカードを持っている可能性ははるかに低くなりました。

調査対象のミレニアル世代のほぼ4分の1が、今後数年間でクレジットカードを取得する可能性は「低い」と述べています。これは、前回の調査の4分の1の人と比較されます。

この調査は、18歳から35歳までの9,300人の全国的に代表的なサンプルに基づいています。調査は2016年4月18日から5月4日まで行われました。

「調査結果は、ミレニアル世代が以前の世代よりもクレジットカードを持つ可能性がますます低くなっていることを示しています」と、連邦準備制度理事長のジェローム・H・パウエルは述べました。 「クレジットカードの使用量と一人当たりの使用量が減少するにつれて、クレジットラインを維持する必要性が高まり、一人当たりに発行されるカードの数は増え続けています。」

2009年には、ミレニアル世代の50%近くがクレジットカードを所有していました。現在、わずか37%しか行っていません。この減少は、若い世代の若い成人の間で特に急激です。 2009年に18歳から29歳までの32%だけがクレジットカードを所有していたが、その数字は24%に低下した。

これは主に、ミレニアル世代がクレジットカードをあまり使用していないためです。 「18〜29歳の子どものうち、過去12ヶ月間に少なくとも1枚のクレジットカードを取得したと報告したのはわずか25%です」とCFPBは声明で述べた。 「2011年の38%と2012年の34%から減少しています。」

今日の考察/国内で新たに2428人感染、40都道府県で過去最多更新…都内2日連続500人超 : 社会 : ニュース : 読売新聞オンライン日本でのHIVの新規感染者数が都道府県レベルの基準値1,000人を突破したと厚生労働省が日曜日に発表しました。 日本のHIV感染者数が...

調査対象のミレニアル世代の半数以上が、以前よりもクレジットカードの使用が少ないと答えました。請求書を支払う目的でクレジットカードを使用していると答えたのは3分の1だけでした。

「ミレニアル世代はさまざまな理由でクレジットカードの使用頻度が低くなっています」とパウエル氏は述べています。

ミレニアル世代がクレジットカードをあまり使用しない主な理由の1つは、雨の日のためにクレジットカードを節約するのではなく、大部分の支出にクレジットカードを使用していることです。

クレジットカードの使用の減少は、デビットカードをより頻繁に使用する人々の間で特に急激です。クレジットカードをより頻繁に使用した人の割合は、2009年の18歳から29歳の58.7%から2014年には45.1%に低下しました。

※この考察はフィクションであり、実在する、人物・地名・団体とは一切関係ありません。

この考察の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい

今日はこのテーマで考えてみようと思います。

千葉の40代男性感染確認 発症後に広島、岐阜出張 – 産経ニュース
www.sankei.com


Photo by James E. Petts

今日の考察/大阪、過去最多の490人感染 新型コロナで4日連続更新、東京上回る 前日に続き400人超 - 産経ニュース"東京では感染が続いていますが、大阪ではチフス熱の症例が多く報告されています。チフス熱の症例がどのようにして感染しているのかは不明。ただ...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です