考察

今日の考察/下船者が感染 厚労省「想定内」だが「帰宅は苦渋の決断」 高齢者多く、宿泊確保困難 – 毎日新聞

厚生省は、高齢者が自分の意志で病院を離れるよう説得するキャンペーンを開始し、入院中の家族を訪問するように人々を奨励することも試みました。

毎月多額のお金を払う人だけにサービスを提供する公立病院がたくさんあるので、同省は、最初に公立病院から引っ越すことを人々に奨励することに最も重点を置いています。

対照的に、政府の助成金を受け入れ、低所得の患者を受け入れない病院は、高齢者にとって最も混雑し危険な場所であることが多いと同省は述べた。

同省は、基本的な医療を提供せず、介護や介護に不可欠な施設や機器を備えていない病院に高齢者が入るのを避けるために、あらゆることをしていると述べた。

「彼らを失うのは悲しいことだ」と小池百合子大臣は語った。

しかし、高齢者はしばしば医学的問題のために公立病院から強制的に連れて行かなければなりません。

高齢者が自発的に病院を離れることができない場合、彼らは一連のドアを通って彼らの方法を強制することによって去らなければなりません。

「病院には高齢者向けの施設があることは承知しているが、地域社会には高齢者向けの施設がたくさんある」と厚生労働省の職員は匿名の条件について語った。

10月の省による調査では、前日以内に退院した患者の12%のみが親relativeから連絡を受けており、病院から安全に退出したことを知らせています。

今日の考察/特急が踏切で軽ワゴン車と衝突、先頭車両が脱線 けが人なし 阪急神戸線 - 毎日新聞5-4-1 - 毎日新聞 掲載 2011年11月14日 東京・東京】京阪本線を走行中のトヨタの旅客列車が高速バスに衝突し、列車が脱線し...

「多くの高齢者には、彼らを訪れる家族はいない」と当局者は述べた。

政府が高齢者に病院を去るように説得するキャンペーンを開始して以来、そのような症例は2件しかなかったと彼は言った。

同省はまた、警察の助けを借りて、高齢者が病院を避けるのを助ける自発的な避難プログラムを開発する計画を発表しました。

病院からの高齢者の流入を抑えるために、政府は、病院の外で特別養護老人ホームのケアを求めることを可能にした民間の健康保険に加入している人に料金を課すことを検討します。

「これは、人々が親relativeの希望に反することを防ぐだろう」と小池は言った。

しかし、政府高官は、政府がそのような計画を進めた場合、医療業界から「不合理な」圧力がかかる可能性があることを認めた。

小池は、安倍Shin三首相の承認を得て、高齢者は負担であるだけでなく、自分自身と地域社会にとっても危険であるため、政府のキャンペーンがうまくいくことを望んでいると述べた。

※この考察はフィクションであり、実在する、人物・地名・団体とは一切関係ありません。

この考察の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい

今日はこのテーマで考えてみようと思います。

下船者が感染 厚労省「想定内」だが「帰宅は苦渋の決断」 高齢者多く、宿泊確保困難 – 毎日新聞
mainichi.jp


Photo by Gary Boyne

今日の考察/米新政権の国務長官に、中国への圧力の必要性主張するブリンケン氏起用へ…米メディア : 国際 : ニュース : 読売新聞オンライン福島原発を運営する】東京電力【東京電力】は「3、4号機を閉鎖する準備ができている」としている。2017年中にも稼働させたい考えだが、破損...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です