考察

今日の考察/新型コロナ 北海道で新たに9人感染 20代女性「かなり重篤な状態」 – FNN.jpプライムオンライン

米国では、疾病対策予防センター(CDC)が年間平均5,500の梅毒の新規症例を報告しており、これは世界で最も高い割合です。年率は、他の国の3倍です。米国では、20代の女性の梅毒の割合は、他の高所得国の20代前半の女性に予想されるものの20%〜25%と推定されています。 NIHによると、「生殖年齢の女性は、生殖年齢の間、おそらくは膣または肛門性交の最初のエピソードの間に梅毒を獲得する可能性があります。」 CDCはさらに、「梅毒は感染した人との性的接触、または性器領域の開いたただれ、潰瘍、または切り傷との接触によって広がる可能性がある」と報告しています。日本では非常に一般的なSTDであり、15〜49歳の日本人女性の5人に1人が感染していると推定されています。 CDCによると、「梅毒は米国で最もよく報告されている性感染症です。米国では、nor病とクラミジアに次いで3番目に多く報告されている性感染症です。」 CDCは、日本では梅毒は「コウセイガイキャルギン」とも呼ばれていると述べていますが、この用語は米国で使用されるほど頻繁には使用されていません。国立感染症研究所によると、「1998年の日本の梅毒の発生率は10万人あたり4.7と推定されました。この発生率は世界の他のどの国よりも高いです。」 CDCは、日本の梅毒のさまざまな原因をリストしています。最も一般的な原因は、「male病、菌性尿道炎、梅毒」を含む「男性の性感染症」です。日本で最も一般的な梅毒の原因は、「妊娠中および出産後の女性の性感染症」です。 CDCは、梅毒の症例の大部分は「保護されていない性的接触」によるものであると述べています。 CDCによると、「梅毒のほとんどの症例は、膣、肛門、オーラルセックスの間に伝染します。」 CDCは、梅毒の割合は女性のパートナーシップよりも男性の方が高いと推定されていると述べています。 CDCは、梅毒の新しい症例の90%が異性愛者の接触に起因すると報告しています。梅毒感染は、性感染症であると考えられています

※この考察はフィクションであり、実在する、人物・地名・団体とは一切関係ありません。

この考察の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい

今日はこのテーマで考えてみようと思います。

新型コロナ 北海道で新たに9人感染 20代女性「かなり重篤な状態」 – FNN.jpプライムオンライン
www.fnn.jp


Photo by rvandermaar

今日の考察/東京都で新たに186人の感染確認 8日ぶりに200人下回る:東京新聞 TOKYO Web"昨日も今日も同じでした。流行が治まるのをただ待つことはできない状況だ」と保健省の関係者は語った。 3月末には、400人以上の新たな症...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です