考察

今日の考察/感染拡大「移行期」と発表 厚労省では専門家会議 基本方針とりまとめへ – FNN.jpプライムオンライン

G.H.O. 10月21日に別の会議を開催します。(厚労省)

「目標は、エボラウイルスの拡散に対する効果的な制御を提供する計画を確立することです。」

G.H.O.とG.I.U.ソーシャルメディアでエボラ予防キャンペーンを共同で実施する

「7月、G.H.O。とG.I.U.は、Twitterで組織や政府を「いいね」と呼び、人々にエボラに対する行動を促すように、オンラインのオンラインアンケートを実施しました。」

日本を含む影響を受ける国は、エボラウイルスの準備をすることをお勧めします。

「大規模な国際援助の対応がある場合、最も援助を必要とする国は最悪の事態に備えなければなりません。」

この記事はJust Securityサイトに初めて掲載されました。

一部の過半数のイスラム教徒の国からの移民を米国に入国させないというトランプ政権の計画は、善よりも害をもたらす悪い考えです。

今日の考察/札幌で最多46人感染 芸能事務所でクラスター「メンバー体調不良でもイベント」 - 毎日新聞16:50 UTC. 東京消防庁は、被災地に避難していた人たちの説明を確認しました。 彼らは安全な場所にいて、雨から避難している。 1...

それは、合衆国市民自由連合(ACLU)とイスラム教徒ユダヤ理解センター(C-MJU)からのメッセージです。両組織は、憲法の宗教の自由の保護を擁護する連邦法廷でアミカスブリーフを提出しました。

ACLUは、トランプの命令は取り返しのつかない損害を引き起こすと主張したが、C-MJUはこの命令がテロリストの報復を引き起こす可能性があると懸念している。

ACLUのエグゼクティブディレクターであるアンソニーロメロとC-MJUのエグゼクティブディレクターであるレナマスリは、共同声明で彼らの議論を述べました。

「今日の大統領令は危険で、非アメリカ的で不公平です。ある宗教を他の宗教よりも優先することにより、米国憲法の制定条項に違反し、あるグループの人々に法律を制定する権限を与えようとすることで、私たちの国の力の分離に違反します大統領の命令は、イスラム教徒や他の宗教的少数派を差別し、違憲です。裁判所がそれを支配することを願っています。」

今週初め、トランプ大統領は、イラン、リビア、ソマリア、スーダン、シリア、イエメンからの難民、移民、旅行者の禁止を含む、より厳しい制限を伴う改訂された行政命令を発行しました。この禁止は、グリーンカード保持者、学生、および「軍隊」にいる人にも適用されます。

新しい命令には、シリア難民の無期限の禁止も含まれています。

ACLUとC-MJUは、政府が「最小限かつ多くの場合提供しない」ため、改訂された命令は依然として差別的であると主張しています。

※この考察はフィクションであり、実在する、人物・地名・団体とは一切関係ありません。

この考察の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい

今日はこのテーマで考えてみようと思います。

感染拡大「移行期」と発表 厚労省では専門家会議 基本方針とりまとめへ – FNN.jpプライムオンライン
www.fnn.jp


Photo by Aleksandar Milivojević

今日の考察/米大統領選、トランプ氏大逆転か 世論調査「バイデン氏優勢」の“落とし穴” 反トランプの米CNNと保守系のFOXニュース、調査結果は正反対 (1/2ページ) - zakzak:夕刊フジ公式サイトフォックスニュース 世論調査:トランプ氏:45 CNNは トランプ:45 トランプ氏、討論会中にCNNが正しかったと発言 (Page...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です