考察

今日の考察/「やっぱり」検査体制に疑問 下船後陽性で乗客―新型肺炎:時事ドットコム

投稿日:2012年6月22日。

コメント:3

検査プロセスは次のとおりです。搭乗前に病状を申告する必要があります。病状の場合には、乗組員または地元の医師が同行し、事務処理を支援する必要があります。乗客は病状が報告されるまで飛行機に乗ることができません。乗客は、パイロット、地上乗務員、または地元の医師が検索できます。乗客が薬物またはアルコールの影響下にある兆候を示した場合、それ以上検査することなく退去することができます。

2番目の場合、乗務員は搭乗を許可する前に乗客の目と肺を確認する必要があります。乗客がフライトを停止して迂回する必要がある病状を持っている場合、彼はそれ以上の検査なしで退去します。

投稿日:2012年6月25日。

コメント:2

緊急着陸を必要としないいくつかの病状があります。これらは:

•糖尿病性com睡状態の乗客、または体内へ​​の輸血を受けた後。

•心臓発作を起こし、緊急支援が必要な乗客。

投稿日:2012年6月28日。

今日の考察/「緊急事態」11都府県に拡大 2月7日まで 「ビジネス往来」一時停止も表明非常事態は2月7日まで11都府県に拡大、「営業交通」の一時停止が発表されました【速百年限定】。 想定外」の事態に備え、県は警察のパトロ...

コメント:2

この場合、乗客はそれ以上の検査なしで背を向けられます。乗組員は目、肺、血圧をチェックします。乗客の状態が深刻でない場合、乗客は目的地に進むことを許可されるべきです。

投稿日:2012年7月3日。

コメント:5

緊急着陸を必要とする病状を持つ乗客は、乗務員の立ち会いのもとで治療されます。病状の種類に応じて、乗務員は健康診断を行うか、乗客の身体状態を確認します。乗客の身体の医療検査の必要はありません。この場合、乗務員は乗客のフライトへの搭乗を許可しません。

状況により医療避難が必要な場合、乗客は地元の病院(利用可能な場合)に連れて行かれ、航空機とともに空港に連れて行かれます。利用できない場合、乗客は通常、地元の救急車によって病院に運ばれます。

投稿日:2012年7月17日。

コメント:1

この場合、乗客はそれ以上の検査なしで背を向けられます。乗組員は目、肺、血圧をチェックします。乗客の状態が深刻でない場合、乗客は目的地に進むことを許可されるべきです。

投稿日:2012年7月24日

※この考察はフィクションであり、実在する、人物・地名・団体とは一切関係ありません。

この考察の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい

今日はこのテーマで考えてみようと思います。

「やっぱり」検査体制に疑問 下船後陽性で乗客―新型肺炎:時事ドットコム
www.jiji.com


Photo by copolad

今日の考察/入院拒否の新型コロナ患者に罰則を検討 ⇒「倫理的に受け入れがたい」日本医学会連合が緊急声明 | ハフポスト日本の厚生省は入院を拒否する新たなコロナ患者にペナルティを科すことを検討していると言う⇒「倫理的に受け入れられない 日本の保健省は、入院...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です