考察

今日の考察/陛下即位後初の誕生日「宴会の儀」に首相ら|日テレNEWS24

[メール保護]

(写真:式典で宣誓する前のナジーブ・ジョン首相、プラナブ・ムヘルジー大統領、ハミド・アンサリ大統領、ハーシュ・バルダン博士、モディ首相。写真:PTI)

ドイツの新聞によると、国家安全保障局は長年、ドイツのアンゲラ・メルケル首相とその親友のパソコンと電話を監視している。

ドイツのメディアは、NSAがメルケル首相として使用しているメルケルの携帯電話を利用していると報じた。

ワシントン・ポストによると、メルケルの広報担当者は、彼女がそのような監視に気付いていないと述べた。

Guardianは、NSAが2005年からメルケルの通信を監視していたと報告しました。

ガーディアンは、メルケル首相とフランス大統領フランソワ・オランドの携帯電話も標的にしたと言った元NSAの請負業者エドワード・スノーデンが提供した文書を見たことがあると述べた。別の文書は特定のフランスの電話番号を示しており、NSAはフランス政府の通信を監視していたと述べた。

米国がドイツのアンゲラ・メルケル首相をスパイしているのではないかと恐れて書類を漏らしたと言ったスノーデンは、政府財産の盗難と国防情報の不正通信で起訴された。

ドイツの新聞は、NSAがメルケルの携帯電話を監視していたと言った。

今日の考察/オーストラリア海軍が参加へ、日米印の共同訓練「マラバール」 - Bloomberg政府によると、日本の海上自衛隊は6月5日から13日までの2週間、「マラバー」と呼ばれる日米印合同演習に参加するという。 2週間の演習に...

「ガーディアンは、NSAが2005年からドイツで体系的なサーベイランスを実施していることを知った」と同紙は、無名の情報源を引用して述べた。 「これらの調査には、メルケルの携帯電話と、元米国大統領ジョージWブッシュとの関係が含まれています。」

ワシントン・ポストによると、メルケルの広報担当者は、首相はそのような監視に気付いていないと述べた。

「首相は自由な女性であり、部下に命令を与えない」とスポークスマンは声明で述べた。 「メルケル首相の携帯電話を盗聴することについての報告に関しては、これらは根拠がない。」

Hollandeのスポークスマンは、コメントのリクエストにすぐに応答しませんでしたが、申し立てに照らしてフランス政府が必要な措置を取ると言いました。

ロイター通信は同日、NSAが2008年と2009年にホランドの電話で盗聴したと報じた。「そのような作戦が証明された場合にのみ、intelligence報活動の疑いについてはコメントしない」とホランドのスポークスマンは声明で述べた。

ベルリンのアメリカ大使館は、この申し立ては「とんでもない」ものだとウォールストリートジャーナルは報じた。

大使館は声明で「これらの主張を裏付ける情報はない」と述べた

※この考察はフィクションであり、実在する、人物・地名・団体とは一切関係ありません。

この考察の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい

今日はこのテーマで考えてみようと思います。

陛下即位後初の誕生日「宴会の儀」に首相ら|日テレNEWS24
www.news24.jp


Photo by Billy Wilson Photography

今日の考察/石破氏動かした幹部の一言 2日徹夜して決断「これが俺の生き様」 - 毎日新聞故郷に帰りたくないと言う日本人がいるのも納得ですね。 石破浩は一人で生きることを選んだ男だ。 彼には家族はなく、妻子もなく、一人暮ら...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です