考察

今日の考察/「勤務延長、検察官は除外」 1980年の文書が見つかる 検事長定年延長 – 毎日新聞

元日本首相の小泉純一郎と現首相の安倍Shin三は、東京での深夜のテテアテテで脱落したかもしれないが、多くの共通点があった。どちらも一連のスキャンダルに対処する必要があり、両方とも70代です。小泉はかつて野党にいた元左翼である。安倍は保守党の政治家であり、党を12年間率いた後、2006年に自民党の実権を握った。安倍首相は、一部の人々から「新しいヒトラー」と呼ばれています。これは、自分たちの利益のために保守的すぎると考えられているリーダーのために予約されたラベルです。安倍首相は2年足らずで就任しているが、すでに国内で最も敏感な問題のいくつかが彼の膝に落ちているのを見た。 2008年11月、小泉首相の恵みからのfall落は、彼が贈収賄スキャンダルに巻き込まれたときに始まりました。彼は、国家警察との契約を勝ち取るために400万ドル以上の賄briを支払った。小泉が辞任を拒否したとき、彼は国会で弾eachされ、最高裁判所で裁判にかけられた。彼の辞任は2008年12月4日の真夜中の直前でした。翌日、首相と内閣は辞任し、彼は安倍に置き換えられました。 2009年1月23日に、最高裁判所は弾beの判決を下し、安倍に不正行為を認めました。しかし、安倍首相はまだ就任していないため、再び弾impされる必要があります。弾impプロセスの最初のステップは、過半数の議員が弾proceedプロセスを進めるかどうかを投票することです(修造として知られています)。次のステップは、衆議院が彼を解任するために投票することです(修造研究)。安倍首相は弾thenを受け入れなければなりません。過去には、下院は過半数(修職)と三分の二(修職)の両方が首相を弾impするために投票する必要がありました。現在の場合、議会は絶対過半数(shuushoku)と3分の2の過半数の両方を持つ必要があります。それは、安倍を弾impするために、国会議員の単純な過半数が必要であることを意味します。しかし、たとえ弾imp政党が下院で過半数を持っているとしても、安倍首相を追放するには上院での3分の2の投票が必要です。安倍首相が就任して最初の数か月間、一連のスキャンダルが苦しんでいます

※この考察はフィクションであり、実在する、人物・地名・団体とは一切関係ありません。

この考察の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい

今日はこのテーマで考えてみようと思います。

「勤務延長、検察官は除外」 1980年の文書が見つかる 検事長定年延長 – 毎日新聞
mainichi.jp


Photo by mindfeed

今日の考察/米の新規感染者8万4千人 過去最多に - 産経ニュース"米疾病対策センター(CDC)が金曜日に発表した報告書によると、日本の感染者数は2年連続で最多となった。 2014年の日本の感染者数は4...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です