考察

今日の考察/「検疫官などは検査対象外」の方針変えず 「専門知識ある」 | NHKニュース

「正式な検疫官は検査の対象ではありません」ポリシーは「専門知識を持って」変更されませんNHKニュース

法医学の専門家は、福島の放射線に関するより多くのテストを求めます|ロイター

福島の地上の最新情報|東京電力

「正式な検疫官は検査の対象ではありません」ポリシーは「専門知識を持って」変更されませんNHKニュース

福島第一原子力発電所周辺地域の放射線評価を担当している西海市宏は、木曜日に福島県の学童の遊び場を訪問しました。彼は、遊び場が事故からの放射能で汚染されていたが、子供たちは危険にさらされていないと述べた。

記事全文を読む:

新たに機密解除された米国政府の文書は、米国が福島の災害の深刻さについてどのように警告されたか、そしてその対応が日本政府のそれよりも著しく低いことを明らかにしました。

福島の災害への対応に関する国家安全保障理事会からの2011年7月の報告書は、2011年3月11日に米国政府が福島第一原子力発電所からの放射性プルームからの放射について説明を受けたと述べている。

今日の考察/社説:首里城の再建 沖縄の心引き継ぐために - 毎日新聞毎日弘:首里城は単なる記念碑ではなく、沖縄の強さの象徴 - 毎日弘 - 2015年06月19日 沖縄は歴史が作られる場所であり、沖縄の...

2011年7月11日付のレポートで、NSCは、ブリーフィングは「意図的に秘密にされた」ものであり、レポートの「分類されていない」セクションに分類されたと述べました。それは政府が「チェルノブイリに匹敵する事故を防ぐ」ことを望んだと言った、それは1986年のソビエト連邦の原子力災害への言及である。

NSCの当局者は、チェルノブイリからの放射線が米国に到達する可能性があり、「パニックを引き起こす」ことを望んでいないという懸念があったと述べた。

しかし、NSCは、福島工場からの放射線の偶発的な放出は「ありそうもない」と考えていると述べた。

「NSCは、原子力発電所からの偶発的な放射線の放出は、発電所に対するテロ攻撃よりも起こりにくく、その結果、飲料水を汚染する可能性のある放射線の放出をもたらすと信じていた」とNSC報告書は述べた。

NSCは、米国政府は福島工場からより多くの放射性物質が来ることを期待するべきであるが、米国の対応は日本政府よりも劇的ではないと述べた

※この考察はフィクションであり、実在する、人物・地名・団体とは一切関係ありません。

この考察の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい

今日はこのテーマで考えてみようと思います。

「検疫官などは検査対象外」の方針変えず 「専門知識ある」 | NHKニュース
www3.nhk.or.jp


Photo by Virginia Sea Grant

今日の考察/【黒瀬悦成の米国解剖】トランプ氏は本当に負けるのか 再選へ4つのカギ(産経新聞) - Yahoo!ニュースケーシッチ氏の選挙管理者は、トランプ氏は「図々しく嘘をついている」と述べている(ワシントン・エクサミナー) - The Washingt...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です